小川晶子の日常と本の話

ブックライター、絵本講師の小川晶子の日々の記録。本のこと、絵本のこと、育児のことなど書いています。

好評発売中!
『オタク偉人伝』(著者:小川晶子 イラスト:のぶみ アスコム)


インタビュー☆稲留達人先生

インタビューシリーズ第5弾です!

今年初のインタビューは・・・

総務情報サイト「総務の森」監修や、社労士専用SNS「ヒビコレ社労士」管理人
でお馴染みの社会保険労務士稲留達人先生にインタビューしてきました!

1月4日銀座ミオ・バールにて



どら「今日はよろしくお願いします!素敵なところですね。よく来るんですか?」

稲留先生「いいでしょう?昔バイトしてたんです(笑)銀座ミオ・バールホームページは私が作ったので見てくださいね!」

アボたこ








総務の森

どら「おいしそうですね〜。では、いただきながらインタビューしますね(笑)。
まず、総務の森についてです。私のブログ読者の方も多くの方が見たことあると思うんですが、「総務担当者と専門家で作る総務情報サイト」ですね。
これはもともと稲留先生が作ったんですよね!何年前ですか?」

稲留先生「2000年3月に作ったので8年目になりますかね。」

どら「どうしてこのサイトをはじめようと思ったんですか?」

稲留先生「社労士試験には大学4年生の時に合格したんですが、知識がうすれていくのを感じて。忘れないようにというのと、勉強のためにまずメルマガをはじめたんです。その頃メルマガがはやり始めた頃で、まぐまぐで発行したらすぐ読者が2,000人くらいついたんですよね。」

どら「え!!2,000人も?どうしてですか?」

稲留先生「当時はまぐまぐの新刊紹介で一気に増えたんですよ。」

どら「そうなんですかー。メルマガに目をつけてすぐ行動したのがすごいですね。」

稲留先生「労務管理関連で6誌出したんですが、あわせると読者が1万人越えました。」

どら「6誌も!?一気に6誌ですか?私は1誌で大変ですが(汗)」

稲留先生「大変ですよね(笑)。週刊でやってましたからね、6誌。大変だから言い訳を考えました。あまりたくさん文章書けないから、1分間読みきりのコンセプトにしたんです。それで続けられたんですね。」

どら「なるほど、1分間読みきりのコンセプトですか、素晴らしいですね」

稲留先生「読者はどんどん増えて、一時期は4万人くらいになりました。メルマガだけではもったいないので、ホームページを作って公開しようと考えました。それが総務の森なんです。」

坂本先生インタビュー







どら「そうだったんですねー!最初はメルマガだったんだ。」

稲留先生「で、このホームページ総務の森が、あれよあれよという感じで毎月雑誌に紹介されはじめたんですよ。」

どら「どんな雑誌ですか?」

稲留先生「アントレとか月刊総務とか。それで、スポンサーがついた。今は上場していますがインテリジェンスという会社ですね。5年間スポンサーをしていただきました。スポンサーがつくと、企業からたくさん問い合わせがくるようになって、広告枠は一気に埋まってしまいました。」

どら「その頃すでにすごい数のページビューだったんですね、きっと。」

稲留先生「その頃は・・・たしか月間20万ページビューとかですね。どらさんのブログもアクセス数1万になってましたね。」

どら「私のはまだ月間5千ですから・・・(笑)」

WEBの可能性を感じた瞬間

稲留先生「そうやってメルマガとサイトをやってたわけですが、実務経験はなかったので。疑問を感じて、東京の老舗社労士事務所に入所しました。2000年の秋頃です。」

どら「試験に合格してから、すごい早い展開ですね〜」

稲留先生「そうですねー。メルマガとサイトやりながら社労士事務所で実務をやって。だんだん両立できなくなってきました。当時審査が厳しかったまぐまぐプレミアムという有料メルマガの審査が通ったので、それをきっかけに開業することにしました。
当時総務太郎というハンドルネームでやってましたが、本名でやりたいというのもあったし、運営主体が欲しかったので。」

どら「昔は総務太郎さんだったんですね(笑)」

稲留先生「はい(笑)。有料メルマガを2誌出したんですが、1つは書式サンプルなどで、好評でした。200名くらいの登録がありました。もう1つは、労務相談のメルマガです。30人程の会員さんのうち3人くらいが、大企業の総務部長さんだったりしたんですよ。すごいでしょ?それで、Webの可能性というのをすごく感じたんです。
だって普通だったら開業したばかりの社労士に、そんな大企業の総務部長が相談なんてしないじゃないですか。
感動を覚えて、この世界で面白いことやっていきたいと思ったんですね。」

どら「すごいですね!Webの可能性かぁ〜。」

稲留先生「それから、オールアバウト『派遣で働く』の担当ガイドもやりましたよ。」

どら「オールアバウトというと、情報サイトですね。いろいろなジャンルの専門家が記事を書いてますよね。時々見ます!へぇ〜派遣について書いていたんですね。
それで、総務の森はその後また、展開があるんですよね。」

稲留先生「はい、2006年に面白法人カヤックと一緒にリニューアルをしました。プログラマーやデザイナーなどスタッフを7人くらいそろえて運営体制を整えました。2007年の6月にはコクヨグループカウネットへ営業権を譲渡したんですが、この時月間ページビューは100万くらい。今では200万です。どんどん伸びてます。」

どら「200万とはすごいですね!運営しているスタッフは変わらずに営業権を持つのががカウネットになったということですか?」

稲留先生「そうですね、多少入れ替わりはありますが、10人くらいのチームでやっています。私は引き続き監修として携わっていまして、管理・企画をやっています。
これからも本当に楽しみです。」

どら「楽しみですね。総務の森の特徴ってどういうところだと思いますか?」

稲留先生「メインコンテンツとして、相談の広場というのがあるんですが、これがけっこう活発です。1日20件くらいの相談が入って、それにどんどん答えてくれるんですね。企業の総務担当者の方が答えることもあるし、専門家の方が答えることもあります。」

どら「それってすごいですよね。とても助かりますよね。」

SNSで仲間を

どら「では、ヒビコレSNSのほうに話をうつしますね。
ヒビコレ社労士SNSは2006年11月にスタートして、現在登録者数は600名ほど。ヒビコレ社労士受験生SNSシャラランとのコラボで2007年4月にスタートで現在登録者数は800名ほど。
最近士業SNSも増えているようですが、有資格者以上と受験生あわせて1400名というのは最大規模じゃないでしょうか。」

稲留先生「そうですね、間違いないですね。」

どら「これはどうしてはじめようと思ったんですか?」

稲留先生「社労士であることというのがいつも根底にあって、その中で自分にしかできないことをやりたい、役に立てることをやりたいといつも思っています。
私は社労士になってみて、仲間がいなかったんですね。自分が社労士仲間を作りたかったんです。」

どら「社労士仲間を作りたくて、SNSを作ってしまうと。これまで社労士専用のSNSってありませんでしたしね。」

稲留先生「システムだけ作っても、誰も使わないだろうと思ったので、作ろうという当初はリアルの場にいろいろ出ていきました。」

どら「リアルの場というのはセミナーとか懇親会とか?」

稲留先生「はい。最初に出たのは長沢有紀先生の出版記念セミナーでしたが・・・そこでどらさんに会いましたね。」

どら「私が受付をやっていて。それが出会いでしたよね。1年ちょっと前ですか。」

稲留先生「その後、どらさんに自主勉強会の飲み会に誘ってもらったりして、たくさんの人に出会って。実はそれがきっかけになってますね。」

どら「そうそう、飲み会にお誘いしましたね!でも、それがきっかけの1つになっているとは知りませんでした!
このヒビコレ社労士というネーミングの由来はありますか?」

稲留先生「日々是精進。日々是、社労士に精進する人の集まりにしたいと思ったんです。
カタカナにして、パリコレみたいに(笑)。響きがいいからっていうのが大きいです。」

どら「響きがよく、おしゃれな感じですよね(笑)受験生SNSのほうも、盛り上がってますよね!」

稲留先生「シャララン☆大沢さんにナビゲーターを頼んで、スタートさせました。私は受験生の頃仲間がいなかったですし、仲間がいたらいいんじゃないかと思いまして。」

どら「みなさん上手に活用されてますよね!通信や独学で勉強している方にとって特に心強い場になっていると感じます。」

士業ブランディング

どら「最近ヒビコレ研修マーケットもオープンしましたね。」

稲留先生「最近士業の方で自分で商材を作っている人もけっこういると思うんですね。これも私の役目かなと、またポータルサイトを作っちゃいました(笑)。
一般企業の総務人事担当者、経営者、士業開業者、開業準備中の方向けの研修教材をカテゴリ分けして、見つけやすくしています。
自分自身商材を作ることに憧れもあったので、オリジナル商品も出していきたいと思ってます。」

どら「その第一弾が、シャララン☆大沢の社労士開業者インタビューDVD〜内海正人先生〜ですね。」

稲留先生「おかげさまで売れています。それで、DVD商材製作にはまっちゃいまして、プロ用機材も買っちゃいました。凝り性なんです(笑)。」

どら「それはどんどん使わないといけませんね!」

稲留先生「はい、これからはやっぱり販促アイテムとしてDVDやCDを作らないと。士業の方のブランディングの1つとして、こういった販促物の製作からプロモーションまでやっていきたいですね。」

どら「それいいですねー!私の販促ツールも作ってもらおうかな。」

今後目指すサービス

どら「稲留先生が今後他にやりたいと思っていることは・・・」

稲留先生「ヒビコレブランドを確立していきたいと思っています。」

どら「SNSや研修教材サイトがあるわけですけれども」

稲留先生「今後さまざまなサービスを考えていますよ。年内に実現したいなと思っているのが、社労士事務所専門の求人サービス。今までにありませんから。
社労士事務所での求人はもともと多くないんですが、全国の求人を集めれば、けっこうな数になるかもしれません。小規模の社労士事務所で求人するとき、どこに広告を出すかっていうの悩むと思うんですよね。社労士事務所の求人と言えばヒビコレと言われるようにしたいです。
それから、同じくヒビコレブランドでの実務サービスも考えています。」

どら「なるほど。これからますます目が離せませんね〜!とても楽しみです!
今日はどうもありがとうございました。」

稲留先生「こちらこそ、ありがとうございました。どらさんも頑張ってくださいね。そうそう、どらさんのブログだけど、独自ドメインとったら?今のうちにやっておいたほうがいいんじゃないですか?サムコピドットコムとかで。」

どら「独自ドメイン?」

稲留先生「今のじゃやっぱり長いし。ビジネス展開考えるならもうやっておいたほうがいいですよ」

どら「そうですかー。ありがとうございます。早速調べてみます!」






インタビューを終えて

というわけで、サムコピドットコムとりました(笑)

稲留先生はいつも楽しみながら新しいことに挑戦されている印象があります。楽しむっていうの、すごく重要だと思います。楽しんでいる人の周りには人が集まりますね。SNSが短期間でこれだけの規模になったのも、稲留先生のお人柄によるものと思います。
今後のヒビコレブランドの成長がとても楽しみだなぁと思いました。
この日も実はオリジナル商品の撮影があったようで・・・

お忙しい中、本当にどうもありがとうございました!!







人気ブログランキングへ

インタビュー術!

インタビュー術! (講談社現代新書)





インタビュー記事を書く以上は、「インタビュー」というものについて知っておかなければと思い、読んだ本です。

「あらゆるところにインタビューがある。
世界はインタビューでできている。
歴史はインタビューによって作られた。」


冒頭の文章ですが、これ、しびれますね。

聖書はキリストへのインタビュー集であると。
なるほど、すべては人の話を聞くのが基本なわけですね。


インタビューを仕事にしている人にとってではなく、
もっと一般に、すべての人にとっての「インタビュー」というものの可能性を感じている私としては、
「世界はインタビューでできている」とか言われると、ぐっとくるんですが、

著者はインタビューを仕事にしているフリーライターですから、実際の本の内容はどうしても仕事としてのインタビューに焦点がきてるんですよね。
そこが残念と言えば残念。


でも「インタビューの読み方」、
インタビュー記事ってこう作られてるんですよっていうのが、興味深いし、勉強になりました。

どんな内容のインタビューなのか、アイドルに対するものなのか政治家に対するものなのか、どの媒体に載せるものなのか、誰がインタビュアーなのかによっても、全然違ってくるんです。




著者の言ういいインタビュー(記事)とは、
実際の発言をうまく再現できていて、頭の中で話し手の肉声が聞こえてくるようなもの。
インタビュアーの気分になって読めるもの。

反対に、悪いインタビューとは、発言の趣旨だけ並べたようなもの。

「なんだか報告書を読んでいるようでつまらない。やっぱり話し手の身振りや息づかいや性格までが伝わってくるようなものじゃないとね、と思う。」


とても共感しました。

インタビュー記事の面白さはそこだと思います。
話の内容よりも、話し手の人柄が伝わる、「誰がこう言っているのか」が伝わるインタビューは面白い。
だって「人」に興味があるんだもん。


私はそんなインタビューを目指しています。
しかも、インタビュアーのキャラクターも伝わるような。





それから、糸井重里がピーコにインタビューしている『ピーコ伝』を紹介しているところで、印象的なことを言っているので、最後にそれを紹介します。


「糸井のスタイルには彼のコピーライターとしての特性がよくあらわれている。コピーライターの仕事とは、商品の宣伝文句を考えることではない。そのプロジェクトに関わる人々をつなぎ、プロジェクトに明確な方向(言葉)を与えていくのがコピーライターである。彼のインタビュー術は、彼の職業に由来する。」





人気ブログランキングへ

ドメイン変更

こんにちは。
さむコピ!どらです。


ある方のアドバイスにより、独自ドメインを取得しました


ドメインってなんだ?っていうレベルの私ですが(汗)

ライブドアのヘルプによると


ドメインとはインターネット上にあるサーバー(ホームページ等のデータの格納場所)を示す住所のようなものです。

本来はIPアドレスと呼ばれる数字の羅列でサーバを示します(例203.104.103.23)
しかしそれでは人が覚えにくいため、DNSというシステムを使用してIPアドレスを人が分かりやすい言葉に置き換えた文字列(livedoor.comのように)を使用し、これをドメインと呼びます。




このブログのアドレスが、

http://blog.livedoor.jp/copy_writing_samurai/

http://blog.samucopi.com/

シンプルになりました.。゚+.(・∀・)゚+.゚


ライブドアで独自ドメインを登録したので(年間3,500円)、
これまでのアドレスでアクセスしても問題ありません。

なんて素敵なんでしょう!



ブログサムコピドットコムで覚えてくださいね(。・ω・)ノ゙



人気ブログランキングへ

目標は紙に書こう

お正月も、もう終わりです。

さみしいけど( -д-)ノ



今年の目標、決めましたか?


目標は紙に書いて、貼りだすと達成できるそうです。

多くの本に書いてあることですが、
実際にはみんなあまりやらないのです。

手書きで、紙に書いて。
部屋に貼って見えるようにする。


なんとなく頭の中で考えているのとは全然違うんですね。


紙に書くことで、誓いをたてたような気になる。

常に目標が見えることで、達成できるように体が動く、意識が動く。


私は今日、
目標を達成したいと思うその目的と、
いつまでにどれだけ達成したいかという具体的な目標を、
紙に書いて部屋に貼りだしてみました。


たったこれだけのことですが、
けっこう勇気がいるものですね(´∀`*)


さぁ、これで自分自身に約束しました!



みなさんもぜひやってみてくださいね





人気ブログランキングへ

初もうで

こんばんは。さむコピ!どらです。
浅草寺へ初詣に行ってまいりました。
夜7時頃でしたので、それほど混んでいなかったです。

初詣浅草









厄除けのお守りを買ってきました!


これは「凶」のおみくじをひいて、運勢がよくなることを念じながら結んでいるところ(笑)

浅草おみくじ








ハッピーな一年になりますようにー!



人気ブログランキングへ

今度こそはつゆめ

昨日は祖母の家で昼間から飲んで食べて歌って、
帰ってきたら頭がガンガンしていました(汗)

はつゆめ日記、
年始からいきなりボケていまして(汗)
本来は昨日から今日にかけてみる夢が初夢?


みなさんどんな初夢でしたか?(笑)



ちなみに私は、富士でもなく鷹でもなく、なすびでもなく、

ボールペンの芯を替える夢を見ました。

ショボっ


でも、どらクエさんが教えてくれた夢占いによると、

「あなたの夢は、精神的な幸運を表しています。あなたは挫折や悲しみ、喜びなど様々な経験を通して、精神的に一段階ステップアップしました。今までの自分なら、許すことができなかった事もこれを機に、物事を真正面から受け止めたり、平然と受け流すことができるでしょう。」

ということですので、よかったよかった。
(占いはいいことだけ信じます!)


今年は本厄らしいんですが、
前向きにいきましょう〜(。・ω・)ノ゙>私





人気ブログランキングへ


はつゆめ

あけましておめでとうございます!

本年もどうぞさむコピをよろしくお願い致します


今日はこれから祖母の家に行って宴会です(^∀^)



さて、初夢とは1月1日から2日にかけて、または2日から3日にかけてみる夢で今年はじめて見た夢のことですが、
「一富士、二鷹、三なすび」が縁起の良いものとして言われていますよね。

みなさんはどんな初夢でしたか?


私は・・・
鳥鍋を食べる夢を見ました。
「野菜は食べたが鳥はまだ1つしか食べてない」という主張をしていました。

昨晩なんのテレビを見たかばれました?(笑)


しかし、食べ物を食べる夢をみることが長年の夢だったので、
よいスタートです(?)。


ちなみに、
2,3日前には急な土手のようなところを、
自転車で一気に降りる夢を見ましたが、
これはたぶんチーズ転がし祭り+フィリップ君・・・

全然意味わかんない方、すみません(笑)


今年も笑って過ごせますように




人気ブログランキングへ

今年もありがとうございました

いよいよ2007年も終わりです。

今年は、少し積極的に人と出会っていったことで、
いろいろな刺激を受け、自分を反省することがすごく多くなりました。

ひっこみじあんでめんどくさがりで、
おおざっぱで、興味のあることしかやろうとしない、
そんな自分は健在ですが(笑)、

これまでよりもはるかに、自分の良くないところを受け止めて反省するようになりました。




私と関わってくれた全てのみなさんのおかげです。
どうもありがとうございます。



来年はもっともっと成長できるように頑張っていきます






休みに入ってから、3時間分の取材のテープ起こしをしましたが、
軽く10時間はかかりました(汗)
楽しい作業ですが、さすがに疲れた・・・

自分の質問を聞くと、ブルーになります(笑)

もうちょっとすっと質問できんのか!と。
「〜とか」が多くて、すっきりしないんですよね('A`|||)

声も、自分で思っているのと違うし。



でも、会話を文章にするのって大好き


来年もっとやりたいな〜と思います。
(そこからセールスレターを作るのがメインだけど。)





それではみなさん、よいお年をお迎えください!
来年もよろしくお願いしまーす




こんな画像も・・・

mixi「さむらいコピーライティング道」コミュニティのトップ画像を募集したら、
こんな画像も送られてきました。

シブイです(笑)


さむらい酒










どらごんクエスト☆さん、ありがとうございました!!!










ちなみに私、昨日の会社の忘年会でビンゴで当選しまして、
日本酒をいただきました。





まんさくの花
















私は日本酒飲めない(お酒弱いので・・・)んですが、
当選して日本酒を手にした瞬間、
「いまイッキするタイミングだぞ」という空気を読んでしまい、
イッキしました。
(おちょこ一杯ですよ)



その後の記憶はありません。


空気読みすぎるのも考えものです!(?)






人気ブログランキングへ

mixiコミュ作りました

今日は一日こんなことをやっていますが・・・

mixiコミュニティ「さむらいコピーライティング道」作っちゃいました。





自分で自分の応援コミュニティを作るって、
我ながらすごいと思います(笑)


そのうちオフ会やりたいのです


トピックたてるのは自由に、なんでもいいので(笑)、
ぜひ入ってください☆







人気ブログランキングへ
お問い合わせ
取材等
テレビ朝日「いいはなシーサー」
「最後のメール」出演 最後のメール









TOKYO MXテレビ「新世紀ネタキング決定戦」 ゲストパネラー コピーライターとして出演 ネタキング決定戦

ユーストリーム番組「メディカツ」
第36回出演 メディカツユースト
ユーストリーム番組「金光サリィのハッピーエクスプレス」Vol.39出演 ハピエクユーストリーム
フォレるしくみ!に
インタビューされました。 フォレるしくみ!









読売新聞都民版
「爽爽記」2009年1月20日 爽爽記コラム








サロンオーナー3月号 「誰にでも簡単にできるブログで集客する」 サロンオーナー3月号
















ラジオ「0から1を生む力」
第1回&第2回出演

ラジオ

ラジオ「起業美人カフェ」 パーソナリティ
110814中川朋子さん
Recent Comments
QRコード
QRコード
Archives
ブログランキングドットネット
なかのひと
グリムス
小川晶子の著書 好評発売中♪


当ブログの人気記事がkindleになりました!


プロフィールの作り方決定版!


動画解説、pdfマニュアルつきの好評書籍

twitter
Categories
Profile

小川 晶子

  • ライブドアブログ