さむらいコピーライティング道

ライター、コピーライターで株式会社さむらいコピーライティング代表取締役の小川晶子の日々の記録。本やセミナーの紹介など。

2008年05月

小川晶子の新刊


小川の自作アプリ(無料)を紹介している「Samurai Appli開発日誌」

人気記事ランキング

どうもどらです。

最近ビジネス書評家鹿田さんのおすすめ本を部屋に積んでいます。
なかなか読み進んでいませんが・・・(汗)

鹿田さんって誰?という方はこちらをぜひご覧ください。

【ビジネス書評】鹿田尚樹の「読むが価値!」【ビジネスブック・ミシュラン】


私がインタビューしている記事はこちら

番外編インタビュー.咼献優構馼床伴田尚樹さん



いろいろな方のブログを見て回っていて、面白そうなブログパーツを発見するとマネして自分のブログに貼ったりしていますが、
最近鹿田さんが「人気記事ランキング」を貼っているのを見て早速マネしました。

私のブログの右下にあるのがそれです。
今日から表示されるようになりました。

ブログは古い記事はどんどん見えなくなっていきますが、人気のある記事をこれで表示しておけるのですね。


面白そうと思ったブロガーさんはこちらから無料で発行できますよ。

無料ブログパーツ:人気記事ランキング



「いいと思ったら臆せずにマネする」

っていうのも大事な姿勢!?(′∀`)


ちなみに冒頭の挨拶も鹿田さんのマネです(笑)

注)鹿田ストーカーではありません(笑)






いつも応援ありがとうございます
一日二つ、こちらをぽちっと押してください!
やる気がでまーす(。・ω・)ノ゙



にほんブログ村 士業ブログへ

人気ブログランキングへ



勝間和代のインディペンデントな生き方実践ガイド

勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド



大人気の勝間和代さん。(経済評論家・公認会計士)

フルタイムの仕事をしながら子供3人を育て、難関資格も取得していき・・・なんて、すごすぎる。

私は今、仕事だけでいっぱいいっぱいです。
家事すら満足にできてない状態。゜(´Д`)゜。
(ダイナマイトモチベーション2週目で、今週達成できる目標として「毎日家事をする」と設定したくらい・・・汗)

さて、その勝間さんが言う「インディペンデントな生き方」とは。

1、年収600万円以上を稼ぎ、
2、いいパートナーがいて、
3、年をとるほど、すてきになっていく。



20代から30代の女性に向けて書いた本ですが、男性にも読まれているそうですね。

精神的にも経済的に周囲に依存しない、自立した女性を「インディ」と呼び、
その逆に独立することを避けて子供のままでいたい女性を、ピーターパンに出てくるヒロインになぞらえて「ウェンディ」と呼んでいます。

インディになると、何がいいのか?

それは、「いい男と恋をしながら自由に生きられること」なんですね。

パートナーとは、お互いちゃんと1人で立てる、そのうえで助け合い、幸せを分け合う。
これは恋愛においても、仕事においても理想ですよね。
どちらかが依存していると、最初は心地良くてもうまくいかなくなってきます。
お互い独立していれば、うまくいかなくなった時は幸せに別れることもできるのですね。


その「インディ」になるための、6つの約束は
1、愚痴を言わない
2、笑う、笑う、笑う
3、姿勢を整える
4、手帳を持ち歩く
5、本やCDを持ち歩く
6、ブログを開く
ということです。


「インディ」になりたいです(●´ω`●)
じょうぶな心が私には足りないので、特に上の3つの約束(1〜3はじょうぶな心をつくるための約束)は心がけたいと思いました。



ビジネス書をあまり読まない方でも、読みやすくてすっと入ってくるいい本だと思います

やはり20代から30代の女性におすすめ.。゚+.(・∀・)゚+.゚






いつも応援ありがとうございます
一日二つ、こちらをぽちっと押してください!
やる気がでまーす(。・ω・)ノ゙



にほんブログ村 士業ブログへ

人気ブログランキングへ








紹介感謝☆コンサルタントhappyさん

おはようございます、さむコピ!どらです。
この土日はセミナースタッフとして働いております。


さて、人気ブログを書かれている、コンサル会社の社長さん(プロのコンサルタント&マーケター)であるhappyさんが、ブログ「Happyコンサルの成功する儲けの仕掛け」の中で私のことを紹介してくださいました。

その記事はこちら!

行動力のある女性

もったいないお言葉です・・・

・「物事を多方面から見ることができる聡明な女性」
・「スピリチュアルな部分を大切にする感情豊かな女性」
・「すぐに行動に移せる行動力のある女性」

と言ってくださってます.。゚+.(・∀・)゚+.゚


元気が出てきました!
happyさん、私のブログを訪問してくださるだけでも嬉しいのに、本当にありがとうございます!


happyさんは、プロのコンサルタントとしてもノウハウを惜しげもなく提供し、しかも常に感謝の気持ちを忘れず謙虚にされている方です。
学ばせていただいてます。

「Happyコンサルの成功する儲けの仕掛け」






いつも応援ありがとうございます
一日二つ、こちらをぽちっと押してください!
やる気がでまーす(。・ω・)ノ゙



にほんブログ村 士業ブログへ

人気ブログランキングへ

カタチから入る感謝もあり。

遅ればせながらはじめた、石井裕之氏の超人気教材「ダイナマイトモチベーション6ヶ月プログラム」ですが、
今週は2週目でした(´∀`*)

6ヶ月後に達成したいこと、大きな目標とは無関係でもいいから、どんなに小さなことでもいいから、「今週1週間で必ず達成できる目標を設定する」というのが課題。

目標を決めれば→達成する
というのを潜在意識に入れるためです。

いくつか小さな目標を設定して、ジャーナルと呼んでいる手帳に書いたのですが・・・


そのうちの一つに、

コンビニや飲食店で、「ありがとうございます」必ず感謝の言葉を言う


っていうのを設定したんですね。


簡単で、ゼッタイに達成できることなんだろう〜ウーン(´д`;)
と考えて、なんとなく決めた目標です。


飲食店では帰りに「ごちそうさまでした」、食器を下げてもらったら「ありがとうございます」(←これは前から比較的言ってたけど)
コンビニやスーパーで商品を渡してもらったら「ありがとうございます」。


これを意識して毎回必ず言うようにしていたら、
「感謝の感情」がうまれてきました。


スーパーで食料品を買って、レジの人にこれまであまり「ありがとう」っていう気持ちを持ってなかったんですね、私・・・(お恥ずかしいですが。。)
受け取りながら、このあとの予定とか考えているばかりで、さっさと帰ろうとしていました。

それが、「ありがとうございます」と言った瞬間、感謝の気持ちになったんです。

カタチから入るというか。言葉から入るというか。

たとえ思ってなくても「ありがとう」と口に出す→感謝の感情が出てくる→気分が良くなる(たぶん言われた相手も)




ゼッタイにできる簡単な目標としてなんとなく決めたことですが、思わぬ効果がありました。


(他にもいくつか目標設定して、達成してます







いつも応援ありがとうございます
一日二つ、こちらをぽちっと押してください!
やる気がでまーす(。・ω・)ノ゙



にほんブログ村 士業ブログへ

人気ブログランキングへ



番外編インタビュー.咼献優構馼召亮田尚樹さん

昨日のブログで書きましたが、ブロガー仲間であり、ワタシ的注目人物とランチをしていたんです。

その人はビジネス書評家の鹿田尚樹さん。

ブログやセミナーを通じて知り合ったのですが、とにかく面白いんですよ。
若干25歳にして、本の著者や編集者や、大物を呼び寄せてしまう、人脈も行動力も影響力も持った方。

これからどうなっちゃうんでしょうか?
自分の25歳の頃を考えると、この差はなんなんでしょうか?(汗)


鹿田さんとは「人脈」に対する考え方が似ていることもあり、(というか読んでる本が同じだからか。笑)
「著名な人に自分が貢献できることは少ない。今頑張っている人たちに貢献したりされたりで一緒に成長していき、気づいたら友人がみな有名になっている・・・というような人脈を作っていきたい。」
という話をしていたんですね。

私が、「インタビューおすすめだよー!!」と言うと、
「なるほど、インタビューいいですね!今からやりましょう!」

このすばやさ。行動力。(((( ;゚д゚)))


というわけで、急遽、インタビューしたのでした。
面白すぎる (´▽`)




プロフィール
鹿田尚樹(シカダナオキ)
ビジネス書評家

法政大学経済学部卒。専攻は国際経済・金融論。
元国会議員公設秘書。(日本で最年少!)
現在はビジネスブックエキスパートとして【ビジネス書評】鹿田尚樹の「読むが価値!」【ビジネスブック・ミシュラン】を運営。
20代の個人としては最も影響力のあるビジネス書評家として活躍中。

インタビュー☆鹿田尚樹さん









こんなビジネス書おたくは他にいない

どら「鹿田さんの書評、面白いですよね。いつも楽しみにしてますよ。
ビジネス書を1日1冊というペースで読んでるんですよね?」

鹿田さん「はい、大学2年生の頃から年間300〜400冊読むというのを続けています。今25歳なので、5年間で2000冊くらいは読んでると思います。」

どら「それはすごい」

鹿田さん「この前“おたく”って言われました(笑)。君みたいに、編集者がどうだ出版社がどうだ、本屋の棚のことまで言っているビジネス書おたくは他にいないって。」

どら「うんうん。聞いたことないですよ。鹿田さんのブログではじめて、編集者に注目して本を読むということがあるのか、と発見しました。」

鹿田さん「編集者の名前を本に載せているのはディスカバー21とダイヤモンド社です。僕は編集者は載せて欲しいなぁって思っているんですよね。
いい本、売れる本というのは、著者のコンテンツと編集者の能力と半々だから。
編集者がこの人だから間違いないだろうと思って本を買ったりします。
出版社も見ます。
この本とこの本が同じ出版社で同じ編集者だって知ってました?(本を出して見せる)」

どら「いえ・・・あまり気にしたことなかったです。言われてみれば、似てますね。」

鹿田さん「あと、出版社によって本屋の棚のどのあたりに強いとかってあるんですよね。
・・・僕が本屋の店員で、ビジネス書のコーナーを作るなら、絶対売れる自信があります!いいPOPを書いたり、関連本を並べたり、編集者で分けたりもしてみたい。」

どら「そのビジネス書おたくぶりは・・・(汗)何故、そこまでいろいろわかるんですか?」

鹿田さん「それは、量を読んでいるからです。
たくさん読んでいるから、いいと思った本の編集者が同じだということに気づいたんです。
ブログにも書きましたが、『世界一愚かなお金持ち、日本人』(著・マダム・ホー氏)、『最小の時間と労力で最大の成果を出す 「仕組み」仕事術』(著・泉正人)『カリスマ手品師に学ぶ超一流の心理術』(著・スティーブ・コーエン)の編集者千葉正幸さんはすごい。」

どら「本の内容だけでなく、著者、編集者、出版社、本屋にまで詳しいビジネス書評家は他にはいませんね!まず量って確かにとても大切だと思います。
ひょっとして本屋滞在時間も長いですか?」

鹿田さん「やばいですよ(笑)大学生の時はお金はなくて時間があったから、ブックオフに5時間いたことも(笑)。今も・・・本屋にいるとあっというまに時間がたってしまいます。椅子があって、座れる本屋がいいですね(笑)」

個人ブランドの時代

どら「ブログで全ての本は紹介できないでしょうから、選んで書いているわけですよね。ブログのコンセプトってどうなんでしょうか?」

鹿田さん「コンセプトは自分ブランド、ということです。本を読んで、そのエッセンスからどうやって自分ブランドをたてるかということを一貫して書いています。
だから書評じゃないよねと言われることもあります(笑)
今の時代、個人のブランディングはとても大切だと思うんですよ。会社に雇われていても、それで安泰なわけじゃないじゃないですか。」

どら「個人ブランドの確立に、本がいいと思うのは何故ですか?」

鹿田さん「個人ブランドというのは、会いたいと思われる人になることだと思うんですね。そのためにはインプットとアウトプットが必要です。本というのはこのインプットの方法として最高ですね。
こんなにコストパフォーマンスのいいものはないですよ。
安いし、好きなときに読めるし、持ち運べるし。
本を読まない人はサル・・・と言うと過激ですが、これは『本は10冊同時に読め!』(著・成毛 眞)で言っています。実際、インプットしてない人には魅力を感じません。
それからアウトプットですよね。インプットしただけでは、ただ“勉強した”で終わってしまいます。
100インプットしたからと言って100アウトプットできるとは限りませんが、まずインプットを増やすことですよね。アウトプットはインプットを超えられませんから。」

頭の中の畑を耕せ!

どら「鹿田さんは多読ですごい量のインプットだと思うんですが、情報の整理ってしますか?
整理しないとわけわからなくなってしまいそうな気がして・・・」

鹿田さん「これといって整理しません。頭の中のどこかには残っているんですよ。最初はとにかく大量に情報を入れる・・・っていうのをやっていると、ある時、情報と情報が結びつく時があります。リンク、アンリンクが繰り返されるようになります。
頭の中の畑を耕して、そして新しい芽が出るんです。新しい情報は、何もないところからひねり出すものではないんですね。
意識して情報の整理はしませんが・・・ただ、こういうのは持ち歩いていますよ。」

鹿田さんの手帳













どら「何ですか?」

鹿田さん「本をたくさんは持ち歩けないので、エッセンスをまとめて手帳に貼っているんです。」

どら「すごいですね!たくさん貼ってあるじゃないですか。なるほど、こうやって持ち歩くのいいですね。」

伝えていきたいこと

どら「今後の夢について伺いたいのですけど・・・出版したいというのはありますか?」

鹿田さん「出版って一番ブランディングしやすいものだと思います。僕は個人ブランドを確立して幸せになりましょう、ということを伝えたいので、自分がロールモデルになれたらいいなと思います・・・例えばブログで情報発信から、書籍、講演というようにブランド化を進めていって。自分ブランドを使って仕事していきたいです。」

どら「鹿田さんはどんどん行動されているようで、これからが楽しみですね。
最後にメッセージってありますか?」

鹿田さん「自分で仕事をしている人だけでなく、会社員であっても個人ブランディングの必要な時代です。とにかく本を読みましょう!」





インタビューを終えて

鹿田さんがビジネス書にこれだけ詳しいのは、とにかく量をこなしていること、そして情報発信していることが理由なのですね。
これは書評に限らずすべてに通じることだなぁと思います。
情報は発信する人のところに集まってきますね。

鹿田さんの書評は、「個人ブランド」のコンセプトのもと一本筋がとおったような感じがし、ちょっと毒のあるところもまた魅力があります。
「うわー。ここまでは、私は書けないなぁ」と思うことがしばしば(笑)

ご本人にお会いすると落ち着いた雰囲気で、毒は感じません(笑)
「あまり人と会うのが得意じゃないんですよ〜」とにこにこ言ったりするナイスガイです。

これからが本当に楽しみ。
一緒に何か出来たらいいなと思います。

鹿田さん、ありがとうございました!!



インタビューの中で触れている本はこちら


世界一愚かなお金持ち、日本人


最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術


カリスマ手品師(マジシャン)に学ぶ 超一流の心理術


本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! (知的生きかた文庫 な 36-1)



他にもまだまだ、
独特な切り口で書評を書いているのは
【ビジネス書評】鹿田尚樹の「読むが価値!」【ビジネスブック・ミシュラン】

ぜひお気に入り登録を!(☆゚∀゚)






いつも応援ありがとうございます
一日二つ、こちらをぽちっと押してください!
やる気がでまーす(。・ω・)ノ゙



にほんブログ村 士業ブログへ

人気ブログランキングへ



オーロララウンジ

c065e13e.jpg最近ご縁のある場所。

それは新宿京王プラザホテル45階のオーロララウンジ。

今日はとあるブロガーさんとランチでした。

お互いのブログについてやこれからやりたいことなど話すうち、

「今からインタビューやりましょう!」ということに。


そこから急遽インタビューモードになり、写真を撮り、メモをとり。


「では機会があれば今度、」でなく、
「今からやりましょう!」っていいですね、最高。
面白いと思ったら今すぐやるっていう方大好きです。

というわけで近々インタビュー番外編がアップされます(笑)

内容もとても面白いです☆

魅力的な人とは

今日はとても面白い方とディナーでした。



東大卒
公認会計士
経営者でコンサルタント
NLPトレーナー

どんだけ頭いいねん!ってツッコミ入れたくなりますが、
お会いすると少年のような笑顔が印象的な、なんだかほっとするような雰囲気をお持ちです。


興味深いものだからついつい質問攻めにしてしましまいましたー

「これからやりたいことって何ですか?」
「周りにどういう人が多いですか?」
「コミュニケーションの達人だと思う人はいますか?」


それにしても、本当にいい笑顔をする。

これだ。

頭の回転の速さより、知識の豊富さより、会話の面白さより、最も魅力的に見せるものは笑顔ですね。

誰でも、すぐにでもできるはずのことではないですか。

勉強になりました。

インタビュー☆石田信隆先生

インタビューシリーズ第10弾!!

NPO労務サポーターというブランドを確立され、NPOに特化した社労士として活躍の場を広げていらっしゃる石田信隆先生にインタビューさせていただきました。

ゴールデンウィークを利用して、兵庫から会いに来てくださいました〜

「NPO労務サポーターをめざして」というブログは開設1周年を迎え、ますます人気ブログに。
私もファンの1人です。

インタビューのために東京に来たこと、私と会った感想などもバッチリ書いてくださっています。

どら meets いしちゃん(予告編)

どら meets いしちゃん(出会い編)

どら meets いしちゃん(感想編)←どら絶賛記事!!(笑)



今回のインタビューは・・・
(笑)が多いです。
石田先生のキャラクターがあらわれているのではないかと!

そして共感してくださる方もとても多いのではないかと思います。


プロフィール

石田信隆
NPO労務サポーター
社会保険労務士(非開業登録)
団体職員

1971年 兵庫県生まれ
2006年 社会保険労務士試験合格
2007年 ブログ「NPO労務サポーターをめざして」開設。個人ブランド「NPO労務サポーター」公表
(社福)大阪ボランティア協会・市民活動総合情報誌「Volo」(ウォロ)編集委員就任
2008年 (特活)市民活動センター神戸「NPOのための会計・労務相談」で、労務相談員就任
(特活)市民活動センター神戸「KECアドバイザー派遣事業」で労務担当の専門アドバイザー就任





どら「お会いできて嬉しいです!今日はよろしくお願いします」

石田先生「私も嬉しいです。よろしくお願いします!」

インタビュー☆石田信隆先生








NPO労務サポーターの理由

どら「石田先生は普段お仕事でインタビューして文章にして・・・っていうことをやられてるんですよね。機関紙の編集担当ですか」

石田先生「そうそう。だからほら、プロフィールシート持って来ましたよ」

どら「すごい。インタビュアーへの心遣い(笑)
これは素晴らしいですねぇー。私も早くこういうの作らなくちゃ。
今は団体職員としてお仕事されながら、休日にNPO労務サポーターとして活動・・・ということですね。
何故“NPO労務サポーター”なのかというところから伺ってよろしいですか?」

石田先生「はい。私はもともと、たくさんの人の役に立ちたいという気持ちが強かったんですね。大学卒業後は京都の外郭団体にいたのですが、やはり地元でたくさんの人に喜んでもらえる仕事をしたいと思って、1年で辞めました。それから、かっこよく言えば自分探しの旅をしていました(笑)」

どら「アルバイトなどしながら、本当にやりたいことは何か探していた、ということですね(笑)」

石田先生「そういうことやね(笑)。1998年の3月に、NPO中間支援組織の新聞記事を見つけて、気になって早速事務所訪問に行ったんですよ。とにかく担当者に話を聞いてみようと思ってね。」

どら「さすが、すごい行動力。しばらくそのNPOで働くことになったわけですね。」

石田先生「この時に、NPOのミッションにカラダ全体で共感しました。世の中で困ったことを見過ごせない、何とかしたいという想いを持ち、自ら動いて社会を変えようとする市民の集まりなわけですよ。NPOのミッションとは、社会的課題の解決なんですね。」

どら「なるほど。この年がかなりキーポイントだったんですね。NPOのミッションに共感したということから、何故社労士を目指すことになったのでしょうか」

石田先生「私はNPOの仲間たちが、もっと労務面で安心して活動できるようなお手伝いをしたい。それで、NPO労務サポートの専門家になりたいと思ったんですね。
今の労組に就職が決まったあと、社労士の受験勉強をはじめました。でもね、私は8年目で合格したんですよ。その8年間はやはりしんどかったですね。7年目、8年目っていうのは気力が持つかどうか・・・ってところやったね。」

どら「8年かけて勉強して合格したのですから、これはもう、やるしかないですね!」

石田先生「そうやね(笑)。6年目、7年目はいわゆる”あしきり”っていうやつで、1科目でも基準点に満たないものがあるとトータルで点数が高くても不合格で。つらかったですが、これは本当に石田がNPO労務サポーターとしてやっていく気があるのかどうか試されている、踏み絵のようなものだと思って続けました。」

どら「NPOならではの労務相談っていうのはあるんでしょうね。」

石田先生「ありますね。例えばNPOと民間企業とかけもちで働いている人が、NPOとしては社会保険はどうするのか、労働者性がどれだけあるのか、とか。」

どら「なるほど。NPOのための会計・労務相談というのをはじめたそうですね。」

石田先生「今年の4月からはじまったんです。この活動はもっとNPO仲間に知ってもらいたいと思って。会計相談を担当している方と、労務相談をする私とでやっています。」

ブランド確立と悩み

どら「“NPO労務サポーター”という人は、石田先生の他にはいないんでしょう?」

石田先生「はい。NPOに特化した社労士というのは、いないのではないでしょうか。少なくとも私は存じ上げないです。先輩がいないから、自分でトライアンドエラーを繰り返して、やっていくしかないですね。」

どら「他にいないということは、全国からひっぱりだこになるかも。」

石田先生「そうなったら嬉しいんやけどね。今はボランティアベースですが、本格的にNPOに特化した社労士として活動していって、収入が得られていくかどうか・・・が悩みやねぇ」

どら「うーん。どうしたらいいと思いますか?」

石田先生「NPO労務サポーターとして、想いを強く持って発信し続けることで、情報も集まってきたり、いろいろな人と出会えたりっていうのは実感しているんですよね。これは続けていかなければと思っています。そうやってVoloの編集委員や、労務相談、KECアドバイザーのお話もいただいてますし。
あともう一つは、自分のスキルを使って、仲間に喜んでもらって収入に結びつかないかなというのは考えていますね。」

どら「なるほど。石田先生が持ってらっしゃる編集のスキルだったり、これまでの活動のノウハウだったりっていうのを商品にできないかなということですね。
それもとてもいいですね!それで相乗効果が出るといいですよね。それぞれに素晴らしいですもの。」

石田先生「ありがとうございます。不安はありますが、それ以上に強い想いを持っていて。とにかく行動していこうと思っているんですね。
実際それほど稼げるとは思いませんが、私は、NPO労務サポーターとして活動が継続していけたら幸せなんですよね。」

どら「石田先生の個人ブランドってとても明確ですよね。これからもっと認知させていきたい、というところだと思うんですが、ブログはその大きな一つですよね。」

ブログはすごいツール!

どら「そうそう、ブログ開設1周年おめでとうございます。」

石田先生「ありがとうございます。嬉しいなぁ。
1周年のこと書いたブログ記事
にはコメントもたくさんいただいて、うるっときちゃいましたよ。」

どら「毎日更新って本当にすごいと思います。
ブログをはじめたきっかけってあるんですか?」

石田先生「行政書士の丸山学先生の本『ブログではじめる!ノーリスク起業法のすべて 』(DO BOOKS)
を読んだのがきっかけではじめました。」

どら「丸山先生の本ですか〜。その本はまだ読んでないので今度読んでみます。
石田先生はすぐ行動するっていうのが素晴らしいですよね。そして着実につみあげていらっしゃるし。」

石田先生「ありがとうございます。ノウハウはあふれているけど、自分に必要なものはすぐやってみればいいと思う。やってみて合わなかったらやめればいいし。」

どら「うんうん。そうですね。
私のブログはまだ始めて半年ですし石田先生のブログに比べるとまだまだですが、やはりブログの影響ってすごいものがありますよね。人脈が急速に広がりました。」

石田先生「そうやね。すごい効果ありますね。普通なかなか会えない人とも会うことができるきっかけになってます。
NPO支援という私の生き方についてや、自分自身についてブログで書いていることに関して反発のようなものもありますが、それは仕方のないことです。
いろいろな考えがありますし、ヒトはヒト、自分は自分です。
はげましてくれる仲間が1人、また1人と増えてきて。仲間のはげましが毎日更新にしても、NPO労務サポーターへの挑戦にしても支えてくれています。
私の場合は、ブログというのは私の“人となり”を、時間や空間を超えて知ってもらうことができる一つのきっかけと思っていますので、自分自身についてを正直に書き続けています。嬉しかったこと、悲しかったこと、考えていること、行動していること・・・。
NPO労務サポーター実現へのチャレンジについても正直に伝えています。
今後もこの基本姿勢を変えず、続けていきたいです。」

どら「反発というのもありますよね。どうしても。
私は実は、なかなか自分を強く保てず心が折れそうになるときがあるんですが・・・
でも、それ以上に応援してくれる方たちがいたり、強い想いがあったりということなんですね。
石田先生の“NPO労務サポーター”というブランド確立までにも相当な覚悟や強い想いがあって、反発にも負けずにここまできたというのがわかる気がします。」

ダイエット成功3つの法則?

どら「ところで、プロフィールシートの特技のところにダイエットとあるんですけど・・・
11キロものダイエットに成功したんですか?3つの法則がダイエット成功の秘訣だそうですが、3つの法則って?」

石田先生「つっこんでくれましたか(笑)3つの法則とは、食事・運動・水です」

どら「水?一日2リットルとか飲むんですか?」

石田先生「そうそう。水は大事ですよ。代謝が良くなるんですね」

どら「11キロやせた時の、ダイエット期間ってどのくらいだったんですか?」

石田先生「3ヶ月です。」

どら「3ヶ月で11キロ?石田先生みたいにもともと痩せ型の人がそんなに体重を落とすってすごいことですね。つらくないんですか?」

石田先生「パーソナルトレーナーについて筋力トレーニングとランニングマシンっていうのをやってたんですが、つらいのは、トレーニング後はお酒が飲めないことやね(笑)」

どら「トレーニング後にビールが飲めないんですか!?それはつらすぎます(笑)
しかしすごいですね。ダイエット成功の実績あり、ブログ毎日更新1年の実績あり(笑)
石田先生のブログの顔写真はロールケーキですよね。スイーツ好きなんですね。」

石田先生「そう。スイーツ好きが高じて顔写真にしてます。これから本当の顔写真もちょこちょこ載せていこうと思ってますよ。」

どら「ぜひぜひ!もっと親しみやすくなっちゃいますよ。石田先生、お酒もいけますねぇ」

石田先生「どらさんのインタビューを受けるこの日のために2日間飲んでないですよ。めっちゃ苦しかったで(笑)」

どら「ホントですか〜?石田先生とは、今日はじめてお会いしたわけですが、印象変わりました(笑)」

石田先生「私もです。」

どら「そ、それはいい意味ですよね!?お互いに(笑)
本当に今日はどうもありがとうございました。私も7月からNPO法人に関わることもあり、
日本で唯一!?のNPO労務サポーターの石田先生に今後いろいろ教えていただきたいなと思っています。
どうぞこれからもよろしくお願いします。」

石田先生「こちらこそありがとうございました!インタビュー記事楽しみにしていますね。
普段自分がインタビューする側ですから、新鮮です。
これから何か一緒に活動していけたらいいですね。
ぜひこれからもよろしくお願いします。」




インタビューを終えて

以前からお会いしてみたいと思っていた石田先生についにお会いできました!
ブログでの印象は、すごく誠実な方で・・・お会いしてももちろん誠実な方に変わりありませんが、遊びゴコロが加わりました(笑)
とても楽しく会話を進めてくださいます。
本当に行動的ですし、いろいろ考えてらっしゃるし・・・とてもバランスのとれた方なのだなと思います。
そして、想いの強さとかミッションってやはり見た目にあらわれるんですね。オーラのようなものを感じます。

今回のインタビューは、石田先生のさまざまなお気遣いにより、かなり楽させていただきました・・・
さすがインタビュアー!
普通に会話を楽しんで、あっというまに6時間が経っていました。

石田先生のおっしゃる「ご縁からつながりへ。」
私もこのご縁に感謝し、さらにもっとつながりが持てたらなぁと思います。

石田先生、本当にありがとうございました!!






いつも応援ありがとうございます
一日二つ、こちらをぽちっと押してください!
やる気がでまーす(。・ω・)ノ゙



にほんブログ村 士業ブログへ

人気ブログランキングへ



異士業交流会のオフ会

ヒビコレ×さむコピ「異士業交流会」の第1回オフ会が決定しました〜


5月24日(土)18:00〜
都内某所にて。
定員10名(+幹事)

☆参加できる方は「異士業交流会」SNSメンバーに限ります。
☆ご友人にお声かけしていただける場合は、あらかじめ「異士業交流会」SNSに招待をお願いします。(異士業交流会SNSは完全招待制です)
☆参加者はできるだけ事前に他の参加者のプロフィールをご覧下さい。

お申し込みはこちらから

異士業交流会SNS 公式ニュース「第1回 異士業交流会オフ会開催します!」


みなさまにお会いできるのを楽しみにしています(^∀^)








いつも応援ありがとうございます
一日二つ、こちらをぽちっと押してください!
やる気がでまーす(。・ω・)ノ゙



にほんブログ村 士業ブログへ

人気ブログランキングへ


アイデア

アイデアは、思いつくかどうかではなくて、
実行するかしないか。

具体的に行動にうつさなければ、
どんなに素晴らしいアイデアが浮かんでいても全く意味がない。


他の人が面白いことをやっているのを見て、
「あーそれ前から考えてたよ」
って言う人には絶対なりたくない!!

と、思う今日このごろ。


今日の夜は、いろいろ打ち合わせです(^∀^)






いつも応援ありがとうございます
一日二つ、こちらをぽちっと押してください!
やる気がでまーす(。・ω・)ノ゙



にほんブログ村 士業ブログへ

人気ブログランキングへ


お問い合わせ
Recent Comments
取材等
テレビ朝日「いいはなシーサー」
「最後のメール」出演 最後のメール









TOKYO MXテレビ「新世紀ネタキング決定戦」 ゲストパネラー コピーライターとして出演 ネタキング決定戦

ユーストリーム番組「メディカツ」
第36回出演 メディカツユースト
ユーストリーム番組「金光サリィのハッピーエクスプレス」Vol.39出演 ハピエクユーストリーム
フォレるしくみ!に
インタビューされました。 フォレるしくみ!









読売新聞都民版
「爽爽記」2009年1月20日 爽爽記コラム








サロンオーナー3月号 「誰にでも簡単にできるブログで集客する」 サロンオーナー3月号
















ラジオ「0から1を生む力」
第1回&第2回出演

ラジオ

ラジオ「起業美人カフェ」 パーソナリティ
110814中川朋子さん
人気記事ランキング
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
ブログランキングドットネット
なかのひと
グリムス
小川晶子の著書 好評発売中♪


当ブログの人気記事がkindleになりました!


プロフィールの作り方決定版!


動画解説、pdfマニュアルつきの好評書籍

アクセスカウンター
無料カウンター
twitter
Categories
Profile

小川 晶子

  • ライブドアブログ