さむらいコピーライティング道

ライター、コピーライターで株式会社さむらいコピーライティング代表取締役の小川晶子の日々の記録。本やセミナーの紹介など。

2013年03月

小川晶子の新刊


小川の自作アプリ(無料)を紹介している「Samurai Appli開発日誌」

人生を変えるセミナーはある!『たった2時間の学びで仕事は好転する』

たった2時間の学びで仕事は好転する
たった2時間の学びで仕事は好転する [単行本(ソフトカバー)]


セミナープロデューサー松尾昭仁さんの新刊です。

セミナーに参加するメリット、セミナーの選び方や活用の仕方を書いています。

参加するだけで満足したり、あちこちのセミナーに通うことが精神安定剤のようになるのではなく(「セミナー難民」と呼んでます)、しっかり活用して仕事に活かそう、アウトプットしよう、という話ですね。

実際、うまく使えば、人生にものすごくインパクトがありますから。

松尾さん自身も、セミナーで人生が劇的に変わったそうです。


私は最近あまりセミナーに参加していないですが・・・

人生を変えたセミナー、ありました。


フォレスト出版の「セールスコピーライター養成講座」です。

書類選考と面接を通った13人が仲間。受講料は50万。


全5回の講座でしたが、毎回すごく緊張して、夜は眠れませんでした。

あー懐かしいなー。

周りの人がすごすぎて、一OLの私は講義&宿題についていくのに必死でした。ぶっちゃけ、自分がふがいなくて泣いたこともあった(笑)。

でも、勇気を出して参加してよかったです、本当に。

この講座を修了して、独立したのです。あ、しかも一時期はフォレスト出版で働かせてもらったりして、お世話になりまくり。その間、「いい文章を書くにはどうしたらいいのでしょうか?」と上司に質問して、「この本を読め」と小林秀雄を教えてもらったりして。


学んだことを活かして、そして、フォレスト出版の社員さんや受講生とのつながりを持てたことによって、
受講料はあっというまに回収してしまいました^^

いまだにご一緒させていただいているし・・・。ありがたいです。

残念ながら、もうこの講座はやってないんですけどね。

でも、どんな講座でも、「学んだことを活かしたいので、何かお手伝いさせてください!」と食らいつき、修了後もことあるごとに「おかげさまでこんな成果を出せました」とご報告をしていると、つながるもんです。


松尾さんのこの本にも書かれている通り、セミナーに参加する価値は意識の高い仲間が見つかったり、ビジネスパートナーが見つかったりという、「人」の部分が大きいですね。

セミナーから得られるものが「10」あるとすれば、講義の内容が「3」、人脈が「7」くらいの比率だと私は考えています。講師や主催者、そして他の参加者との出会いを活かすことができて初めて、セミナーに参加した意義があるといっても過言ではありません。



コンテンツももちろん大切なんですが、いかにいい仲間と出会えるか、そしてその仲間との関係を続けていけるかで価値が100倍になると思う。


今年度は、また面白いセミナーや塾に参加したいなぁって思いました。





------------------------------------

4月7日東京FMホールにて
希望の本棚サミット開催!


『本のチカラ』豪華メンバーによるトークライブです。

詳しくはこちら

フランシス・ベーコン展に行ってきました

フランシス・ベーコン展@東京国立近代美術館に行ってきました。

0324ベーコン


フランシス・ベーコン(1909〜1992)はアイルランド生まれの画家で、ロンドンを拠点に世界的に活躍しました。ピカソと並んで20世紀を代表する画家と言われています。

日本で個展が開かれるのは30年ぶり。
主要作品のほとんどが美術展に収蔵され、個人蔵の作品はオークションで高値が付けられているので、個展を開くのがもっとも難しい画家の一人なんですね。

今回の個展は、「身体」の表現の変遷をテーマにしていました。

第1章 移ろいゆく身体 1940s−1950s

第2章 捧げられた身体 1960s

第3章 物語らない身体 1970s−1992

エピローグ ベーコンに基づく身体



私は初期の作品たちが好きでしたねー。

0324ベーコン2

叫ぶ教皇の頭部ための習作
1952年 イエール・ブリティッシュ・アート・センター蔵


0324ベーコン4

肖像のための習作
1953年 フランシス・リーマン・ローブ・アート・センター蔵


0324ベーコン3

スフィンクス
1954年 ハーシュホーン美術館蔵


画像が見つかりませんでしたが、「スフィンクス」(1954年 豊田市美術館蔵)は、スフィンクスがネクタイ締めちゃっているんです。で、檻のような線の中にいる。すごく奇妙で、惹きつけられます。

初期の作品は、ビジネスマン風の服装の人が箱に入って叫んでいたり、椅子に座って叫んでいたりするんですよね。教皇だったりするんですが。その表情がなんとも言えず、コワ面白い。

ベーコンの作品はどれもサイズが大きく、迫力があります。


「ベラスケスの教皇イノケンティウス樟ちによる習作」はこの頃の作品ですが(1953)、残念ながらありませんでした。(アイオワ、 デモイン・アートセンター 蔵 )
0324ベーコン1


雑誌『美術手帖』の表紙にもなっているやつですね。
美術手帖 2013年 03月号 [雑誌]
美術手帖 2013年 03月号 [雑誌] [雑誌]


こちらは、2章にあった「ジョージ・ダイアの三習作」。
ジョージ・ダイアはベーコンの恋人です。この作品発表の2年後、自殺をしてしまうのです…。0324ベーコン5

ジョージ・ダイアの三習作
1969年 ルイジアナ近代美術館蔵



3章は、迫力のある三幅対が展示されていました。画は複雑になっていて、どう見たらいいのだろう?とちょっと頭を使う感じになりました。ストーリー付けを拒否している、といった内容のことが書かれていましたが・・・

この作品は亡くなる数ヶ月前に描かれたもの。80歳を超えたベーコンが、これまで繰り返し描いてきた要素を集約するように描いた作品です。
0324ベーコン6

三幅対
1991年 ニューヨーク近代美術館蔵


顔、身体、ピン、矢印・・・
どんな気持ちで描いたのでしょうね。



図録はいつも通り購入しましたが、一筆箋はありませんでした。残念。

Tシャツ、クッション、バッグ、スカーフなどのグッズがすごくかっこよかったです。

グッズはこちらから見ることができます。

図録・グッズ


フランシス・ベーコン展は5月26日まで開催されています!ぜひ生で見てみてくださいね。

フランシス・ベーコン展
会期:2013年3月8日(金)〜5月26日(日)
会場:東京国立近代美術館
〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1
東京メトロ東西線「竹橋駅」 1b出口 徒歩3分
開催時間:午前10時 〜 午後5時(金曜日は午後8時まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(ただし3/25、4/1、4/8、4/29、5/6は開館)、5/7
観覧料金:一般 1,500円 大学生 1,100円 高校生 700円





------------------------------------

4月7日東京FMホールにて
希望の本棚サミット開催!


『本のチカラ』豪華メンバーによるトークライブです。

詳しくはこちら

イカスヒトTV Vol.25ゲストは就活コンサルタント!

こんにちは。さむコピ小川です。今日は暖かかったですねー。

明日(3月21日)の「イカスヒトTV」は、就活コンサルタントの小寺良二さんをお招きします☆

小寺さんはテレビ番組等でも活躍されていらっしゃいます。

今の就活の状況、若者の「ありがとう志向」について、働く意味について・・・。

いろいろお聞きしたいと思っています!すごく楽しみです。

お時間のある方は、20:00からの生放送にぜひご参加くださいね。


3月21日(木) イカスヒトTV Vol.25 働く意味について
20:00〜21:00生放送
ゲスト:就活コンサルタント 小寺良二さん

http://www.ustream.tv/channel/ikasuhito

vol25ustバナーモバイル版


------------------------------------

4月7日東京FMホールにて
希望の本棚サミット開催!


『本のチカラ』豪華メンバーによるトークライブです。

詳しくはこちら

4月7日「希望の本棚サミット」開催します

本のチカラ
本のチカラ [単行本(ソフトカバー)]



『本のチカラ』出版を記念して、東京FMホールにてチャリティイベントをやります!

「希望を失いそうになったとき、背中を押してくれた1冊を教えてください」
22人の方に、エピソードとともに紹介してもらった「希望の本」が、このたび『本のチカラ』として1冊にまとまり出版されました。
もともと、東日本大震災後にラジオ番組プロデューサーの立川亜美さんが「私たちにできることは何だろう?」と知人に声をかけ、希望を伝える活動を始めたのがきっかけです。

私は『本のチカラ』書籍化を中心に関わらせてもらいました。

この本が完成する前に、亜美さんは交通事故で亡くなってしまったのだけど・・・

当初の想いを実現し、「希望の本」たちを被災地に届けるためにプロジェクトメンバーみんなで動いています。

『本のチカラ』には、素敵な22人の著者さんがいます。
趣旨に賛同して、完全ボランティアで協力してくださっています。今回のイベントにも、またまた声をかけさせていただきました。

とっても豪華メンバーに話を聞ける、会えるチャンスです。
ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね。

Biz&Life Academy チャリティ企画 「希望の本棚サミット」
~本とみんなのチカラで東日本大震災の復興を支援するプロジェクト~



■開催概要
「希望の本棚」のスタートとなった、『Biz&Life Academy』(FMラジオ番組)のミュージックバード様の後援により、『本のチカラ』(日本経済出版社)の出版記念も兼ね、「今、私たちにできること」をテーマに「希望の本棚」イベントの今までご出演の皆様に、再度ご登壇頂き、トークライブを開催します。

■開場13時

■開演14時 (〜18時)

■場所 TOKYO FMホール

■出演予定(順不同):小阪裕司さん、和田裕美さん、川上徹也さん、立花岳志さん、柘植伊佐夫さん、池田千恵さん、布川隼汰さん、中山和義さん、黒沢一樹さん、山田真哉さん、小川もこさん、美崎栄一郎さん 
※出席可能のご連絡を頂いた方のみ掲載中。

■参加費:5,000円
※今回は、チャリティ企画のため、キャンセルによる返金は行わないのでご留意ください。

■企画:「希望の本棚」プロジェクトチーム
・美崎栄一郎(著者)
・株式会社さむらいコピーライティング(代表取締役 小川晶子)
・株式会社サンディ(宿里文子・瓜生賢治)
・ベストセラーズチャンネル(TOKYO FM 株式会社ミュージックバード:常務取締役 雄谷英一)
・株式会社ブレインスイッチ(代表取締役 壁山恵美子)

■後援:TOKYO FM Group 株式会社ミュージックバード

■主催:希望の本棚プロジェクトチーム


お申込みはこちらからお願いいたします!

Biz&Life Academy チャリティ企画 「希望の本棚サミット」

『本のチカラ』出版されました!

本のチカラ
本のチカラ [単行本(ソフトカバー)]



ついに!
本日が配本日です。希望の本棚プロジェクトで取り組んできた『本のチカラ』。

ベストセラー著者、アーティスト、タレント、DJの方々22名にお聞きした、「あなたにとっての希望の本」をエピソードとともにまとめております。


失いかけた希望を取り戻した22人のストーリー

本との出会いで人生が変わる。
つらいときに背中を押してくれる。
一歩踏み出す勇気をもらえる。
自分だけのそんな一冊が必ず見つかるはずだ。

(帯より)



目次はこんな感じ。


第1章 光を見つける

ネガティブなときの自分とどう向き合うか……武田双雲
自分の環境に幸せを感じ、一歩踏み出す勇気……浅見帆帆子
人生に期待するのでなく、自分が人生から何を期待されているかを知る……駒崎弘樹
理不尽なことの中にも明るい光を見つける……和田裕美

第2章 自分を認める

神様だってムチャクチャだから、不完全でもしかたない……川上徹也
みんなと違っていい、違うからいい……黒沢一樹
スーパーマンにも、どん底時代がある……木暮太一
誰でも後世のために遺せるものがある……小阪裕司

第3章 見方を変える

心と行いを変えれば、結果は必ず変わる……池田千恵
誰が読んでも面白い、究極の小説……岩崎夏海
いいリーダーになるには当たり前の連続しかない……嶋津良智
「父親」という新たな目標を見つける……布川隼汰
いろいろな側面から物事を見る大切さ……立花岳志

第4章 今を大切にする

生きるということは、時間そのもの……小山龍介
「当たり前」が「当たり前」でないと気づく幸せ……中山和義
やるべきときに、やらなければいけないことがある……山田真哉
やりたかった仕事につくということ……美崎栄一郎

第5章 一歩踏み出す

自分の可能性を信じて一歩踏み出す……喜多川泰
夢に向かって頑張る勇気をもらう……仲谷明香
「こんなふうに生きてみたい」という理想が希望になる……北原照久
ビジョンは自由。信じて動けばいい……柘植伊佐夫
次世代につないでいきたい希望の地図……小川もこ



ラジオの公開収録のかたちで希望の本について語っていただき、それを原稿化していきました。

ですので、いつもとかなり違う本作りのプロセスを体験しました。

原稿をまとめるにあたっては、紹介されている本を読むのはもちろん、紹介している著者さんの背景を知るために本を読んだりブログを読んだり。そして、「ああ、この人だからこの本なんだ」という、つながりが感じられるときがとても面白く、幸せでした。

私は書籍化チーフとして、他のライターさんの原稿チェックなどもやりました。
これも普段あまりやらないことなので、とてもいい経験をさせていただきました。

正直、これにドップリだった12月から年始にかけては、あまりの大変さに心が折れかけましたが・・・

ついについに完成して、嬉しくてたまりません!

感謝です!


東日本大震災後、「私たちにできることは何だろう?」とすぐに電話をくれた立川亜美さんが、この企画のリーダーです。

希望を伝える本をつくろう・・・
チャリティーの企画にしよう。


そして、壁山恵美子さん、美崎栄一郎さんと一緒にプロジェクトを動かし始めたのです。
趣旨に賛同してくださった皆さんに、ご協力をいただいて。

大変残念なことに、亜美さんは事故でもういないのだけど、
「亜美さん!見て見て!できたよ!!!」
と言いたいです。


明日は亜美さんの誕生日。

この本が生まれたことを祝って、プロジェクトメンバーのみんなと乾杯する予定です。



これから、本のプロモーションやイベント、それから実際に被災地に本を届けに行くプロジェクト・・・など、やることいっぱいですが、ひとまず出版のご報告をば。

イカスヒトTV1周年!企画会議第2弾やります

ユーストリーム番組「イカスヒトTV」もおかげさまで1周年となりました。

この1年間、面白いことがたくさんあり、学ばせていただきました。

ごらんくださってる皆様、ご出演くださった皆様、企画やご出演者をつないでくださった皆様、本当にどうもありがとうございます!!

本日20:00〜の「イカスヒトTV Vol.24」は「企画会議!2」ということで、2年目のイカスヒトTVをどうするか話し合う場にいたします。

ざっくばらんにやりますので、お時間のある方はぜひ絡んでくださいませ(*´∇`*)

楽しみです!


イカスヒトTV Vol.24
3月7日(木) 20:00〜21:00 企画会議!2
http://www.ustream.tv/channel/ikasuhito

vol24ustバナーモバイル版


『土日社長になっていきなり年収+96万円稼ぐ方法』

土日社長になっていきなり年収+96万円稼ぐ法 (角川フォレスタ)
土日社長になっていきなり年収+96万円稼ぐ法 (角川フォレスタ) [単行本]


起業関連の本。

本書は、まずは副業で(土日社長)力をつけて、起業家脳になってから独立起業することをすすめています。

一時期、「週末起業」が流行っていましたが、「土日社長」という言葉も面白いですね。

タイトルにある「+96万円」とは、週末に1日1万円を稼ぎだせば、年間96万円になるという意味です。

具体的な副業の方法ではなく、「起業家としての心構え」が書かれています。


私はフリーになって1年半、その後会社にして3年が経ったというところですが、まだまだ甘いところがあるのかなぁと思ったり・・・

ちょっと耳が痛い箇所。

起業家の中には、独立してまだ間もないのに理念や思想、概念的なことを主張したがる人がいます。
(中略)
売るための努力をするよりも、理念を考えているときの方が楽しいはず。人に頭を下げて営業するよりも、「多くの人を笑顔にしたい」などと夢を見ている方がワクワクするでしょうし、体力・気力も使わずに済みます。でもそれは現実から逃げているだけなのです!

もちろん、会社が成長する過程で理念やミッションは大切になってきます。
でもそれは、商品・サービスが売れてからのこと。
売れる前から理念を語って何になるでしょうか?
どんなに立派な大義があっても、売上がなければ話になりません。理念が立派であっても売れなければ、それは誰の役にも立っていないこと。



理念、ミッションの話は楽しいんですよねー
「で、それをどうやって実現するの?どうやってお金にするの?」っていうところが大切なんですが、急に具体的で現実的になるもんだから、先延ばしにしたくなる。
いかんいかん。


あと、これから新たな事業をやりたいと思っているので、参考になりそうなことを備忘録。

・プレスリリースを出す。そして、マスコミ関係者と信頼関係を築く(情報提供、ネットワークを駆使して取材先を探す手伝いをするなど)
・電話番号をフリーダイヤルにする
・顧問弁護士をつける(税理士より先に弁護士をつけることをすすめているのが面白いですね。小さな会社ほど顧問弁護士をつけたほうがいいそうです。)


著者の松尾さんの会社、設立10年になるんですね。
つらいこともたくさんあったけど、「諦めなかった、なぜなら楽しいから」とあとがきに書いてありました。


なんでも自分で決めて、仕事をつくって、成果を出していくというのはやめられない楽しさですもんね。

さむコピも頑張ります!




私のヴィンテージスカート

こんにちは。さむコピ小川です。
もう3月ですね〜。

いま、スタッフまきちゃんと一緒に、毎日古着を着るプロジェクトなんていうものを考えていまして、昔から古着好きな私はクローゼットからいろいろ引っ張り出してみているのであります。

私は独立する前はアパレル業界に10年ほどいました。
プレタポルテ、つまり高級既製服を扱う専門商社でした。

イタリアのブランドが多かったです。あまり百貨店には入っていないので、ブランド名を言っても「知らない」と言われることが多いのですが。

あまり若い人向けではありませんが、入社そうそう喜び勇んで買うわけですよね、社割を利用して。

一目ぼれして買ったものの、ほとんど着ないままとっておいてしまったのがこちら・・・(各1~2回しか着てない)。

DSC_0042


黒のチュールスカートに、ビーズ刺しゅう。裾はニットのフリルです。

可愛い!!!今見ても、萌え!

タグが見つからないのだけど、たぶんイタリアのだと思います。

ニット部分とペチコートとの間から、足が透けて見えるので、意外とセクシーだったりします。



DSC_0044


シルク100%の巻きスカート。イタリア製です。

さらさらしていて気持ちいいです。きれいなグリーンと、幾何学模様が素敵で一目ぼれ。


一枚の布にリボンがついていて、本当に巻くだけです。

なので、スカートだけでなく風呂敷にも使えるかも(笑)。



どちらも、買ったのはかれこれ15年ほど前になるでしょうか・・・。

全然着ないのに愛着があって、手放せずにおりました。

質はいいし、今着てもOKなヴィンテージです!(洋服のヴィンテージは正確な定義はないようですが、質が高い古着で30年前くらいから残っているものを言うようです。そういう意味ではまだ年数が足りませんね。)


今年はこれを着ちゃおうかなー。


お問い合わせ
Recent Comments
取材等
テレビ朝日「いいはなシーサー」
「最後のメール」出演 最後のメール









TOKYO MXテレビ「新世紀ネタキング決定戦」 ゲストパネラー コピーライターとして出演 ネタキング決定戦

ユーストリーム番組「メディカツ」
第36回出演 メディカツユースト
ユーストリーム番組「金光サリィのハッピーエクスプレス」Vol.39出演 ハピエクユーストリーム
フォレるしくみ!に
インタビューされました。 フォレるしくみ!









読売新聞都民版
「爽爽記」2009年1月20日 爽爽記コラム








サロンオーナー3月号 「誰にでも簡単にできるブログで集客する」 サロンオーナー3月号
















ラジオ「0から1を生む力」
第1回&第2回出演

ラジオ

ラジオ「起業美人カフェ」 パーソナリティ
110814中川朋子さん
人気記事ランキング
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
ブログランキングドットネット
なかのひと
グリムス
小川晶子の著書 好評発売中♪


当ブログの人気記事がkindleになりました!


プロフィールの作り方決定版!


動画解説、pdfマニュアルつきの好評書籍

アクセスカウンター
無料カウンター
twitter
Categories
Profile
  • ライブドアブログ