資格起業家になる!成功する「超高収益ビジネスモデル」のつくり方




行政書士、社会保険労務士、税理士、中小企業診断士、司法書士・・・
資格業のバイブルと言っていい本でしょう。

著者の行政書士である横須賀てるひさ先生、とてもカッコイイです(´∀`*)

見た目もとてもカッコイイんですが、
本の表紙にいる人は誰なんだろう(笑)
本人の写真のほうが売れそうなのに(笑)


さて、タイトルになっている「資格起業家」ですが、「資格で起業する人」ではなく「資格を起点とした事業を行う起業家」と定義されています。

資格を持っていても、「起業家」マインドがないと成功しないのですね。
資格に依存してはダメなんです。

資格起業家になるためのポイントは、
〃弍弔隆靄椶鮹里襪海
∋餝覆瓦箸離咼献優好皀妊襪鮑遒襪海

ということです。

私は社労士の資格をとってから、起業家の方にお会いすることがとても増えました。
社労士として活躍されている先生もそうですが、コピーライター講座のほうでも多くの起業家の方に会いました。

起業家とサラリーマンでは、全然違う。
考え方が全然違いますね。

私は特別「起業したい」と思っていたわけではありませんが、たまたま社労士の資格を取得したことによって、起業家の考え方に触れたんです。
それがすごく自分に影響を及ぼしたと思っています。
このへんのことも書き始めるとすごく長くなってしまうのでまたの機会にしますが、
私がお会いした資格業で成功している方は、絶対に資格に依存していないです。

まさに、横須賀先生言うところの経営の基本を知り、資格ごとのビジネスモデルを作っています。

「○○士って食えますか」「○○士は儲かりますか」
っていうのは、おかしいですよね、やっぱり。
資格をとったら食える、なんてありえません。

どこでやるのか?客は誰になるのか?何を売るのか?
普通に起業家と同じく戦略をたてなければ、資格をとっただけでお客ができるはずがないですよね。

横須賀先生は、本の中で
・コンサルティング型の資格起業家
・コンテンツ型の資格起業家
を提案されてますが、これは「資格」にこだわっているとなかなか出ない発想ですよね。
ホントすごいし、その通りだと思う。

これについても説明したいけど、長くなるので、
もし読んでない方はぜひこの本を読んでください!
読んで欲しい!!

明日は、横須賀先生に会います。
嬉しいなー




応援してくださる方は1クリックお願いします


にほんブログ村 士業ブログへ

人気ブログランキングへ