日経ビジネス Associe (アソシエ) 2008年 7/1号 [雑誌]



メールがなければ仕事にならない!

という時代。

それなのに、メールについて教えてもらう機会ってほとんどない。

私自身、「メールをもっと使いこなしたい・・・」と思っているところなのですが、
日々、「こりゃひどい」というメールもたくさん受け取ります。

みなさんはいかが?


この特集では、できる人のワザ大公開としてメールを使いこなしている人たちが登場しています。

文章コンサルタント堀内伸浩さんが実践する7つのポイントは
・読み返す
・誤字脱字をなくす
・すぐ返事をする
・相手に何をしてほしいか明記する
・一問一答で返答
・返事をもらえるように書く
・追伸で気持ちを込める

だそうです。

何が言いたいかわからないダラダラと長いメール、
シンプルすぎて、「怒ってるの?」と思っちゃうようなメール、
丁寧すぎて逆に「怒ってるの?」と思っちゃうようなメール、
誤字脱字が多くてだらしない印象のメール、

ありますよね・・・


私はどちらかというとシンプルすぎて、コワイと思われることがあるので、
最近は意識して「追伸」を使うようにしています。

用件は簡潔にわかりやすく。
追伸でプライベートなことを書く(今度飲みに行きましょうとか・・・)。

でも、まだまだです。

この便利なツールの、使い方がまずいために損をすることがないよう勉強したいと思います。



いつも応援ありがとうございます
一日二つ、こちらをぽちっと押してください!
やる気がでまーす(。・ω・)ノ゙



にほんブログ村 士業ブログへ

人気ブログランキングへ