ナイト・オン・ザ・プラネット [DVD]
ナイト・オン・ザ・プラネット [DVD]
クチコミを見る



妹夫婦に借りたオススメ映画を、暇をみつけては見ています。

最近見た中で、これが大ヒットでした。『ナイト・オン・ザ・プラネット』。

1991年制作の、ちょっと古い映画です。

ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキ5都市でのタクシードライバーと乗客の人間模様を描いたオムニバス作品です。

『ナイト・オン・ザ・プラネット』のタイトルどおり、すべて夜の話です。ロサンゼルスが午後7時ならパリは午前4時・・・という感じで、同時に起こっている設定。

でも、1話目が夕暮れで、5話目のヘルシンキは最後に夜が明けるの。そこがまたいい。

「ああ、朝が来たなぁ」って思う。「いろいろあったけど、新しい日がまたはじまるんだなぁ」って。

ロサンゼルスでは、ウィノナ・ライダーが運転手。ガムをくちゃくちゃしながら、タバコをぷかぷかしながら、乗客をビバリーヒルズまで乗せていきます。
態度も言葉遣いも良くないんだけど、乗客であるジーナ・ローランズは映画のエージェントで、「この子はユニークだ。ぜひ映画スターに」と思います。
でも、ウィノナ・ライダーは断っちゃう。
「私の人生は計画通り進んでいるから」って、キッパリと。

ニューヨークでは、東ドイツからやってきたタクシードライバー「ヘルムート」と、乗客「ヨーヨー」のちぐはぐな会話が面白い。ヘルムートのタクシードライバーは初仕事で、ロクに運転もできないから、ヨーヨーが運転することになってしまいます。
ヨーヨーが通りで義妹を見つけて、ののしりあいをするのですが、ヘルムートはにこにこしながら「いい家族だ」。

パリでは、コートジヴォワール人の運転手が、盲目の女性を乗せます。この女性が、口は悪いけれどやたらと色っぽいんだ。白目になりながら口紅を塗っているシーンがすごい。
彼女は目は見えないけど、感覚が鋭くて、タクシードライバーの出身国も当ててしまいます。

ローマでは、ロベルト・ベニーニが運転手です。神父さんを乗せ、「懺悔させてくれ」と言います。「無理を言うな」という神父さんをよそに、まくしたてる運転手。
最初から体調の悪そうだった神父さんは、めちゃくちゃな懺悔を聞かされて、心臓発作を起こしてしまいます・・・。

最後のヘルシンキは、3人の酔っ払った客を乗せるタクシー運転手「ミカ」が出てきます。
もっとも泥酔して寝てしまっている「アキ」は、失業し、新車はぶつけられ、家族には見放され、ものすごく不幸な日でした。アキの友人である2人の酔っ払いは、「おまえにアキの気持ちがわかるか」とミカに絡みます。
そこで、ミカは「なんだ、その程度の不幸か」と言って、自分のつらい話を聞かせます。
念のため、アキとかミカとかいっても、女性ではない。登場人物は全員おじさんです。


すべて会話が面白く、テンポよく、ひきこまれてしまいます。
笑ってしまうこともしばしば。そして、その滑稽さの中に、なんとなくもの悲しさを感じます。


うわー良かったなぁと思って、DVDケースの中にあるライナーノーツを見たら、これまたいい言葉が書いてありました。

監督であるジム・ジャームッシュからのメッセージです。

『ナイト・オン・ザ・プラネット』という映画には意義や意味などない。モラルもなければ教訓もない。何かあるとすれば、この、地球というプラネットの、日常のささやかなディテールに、時折見いだされることのある、偶然のような美しいものがあるだけだ


すばらしい。


ジム・ジャームッシュの映画で『ゴースト・ドッグ』、『ミステリートレイン』も借りているので、いやがうえにも期待が高まるのでした。

この週末は、ジム・ジャームッシュだ。