自炊、やったことありますか?

食べるほうのじゃなくて、読むほうの・・・。


日経ビジネス Associe (アソシエ) 2010年 9/7号 [雑誌]
日経ビジネス Associe (アソシエ) 2010年 9/7号 [雑誌]
クチコミを見る



読書術が特集のアソシエ、「電子書籍の○と×」という特集があったので買って読んでみました。ユーザーの声が知りたいな、と思って。

そうしたら、「自炊」という言葉が出てきました。

紙の本や雑誌をバラして、PDFファイルにすることを「自炊」と言うんですって。本の背表紙を落とすことを「包丁を入れる」という。だから自炊。

紙の本もPDFファイルにしてしまえば、iPadで電子書籍のように読めるんですね。

「本の自炊に挑戦!」と、やり方が丁寧に書かれているページもありましたが、これ、やっぱりめんどくさい!

まず、けっこうちゃんとした裁断機が必要だし。

挑戦してみた記者曰く、「スキャン自体も機械任せ・・・のはずだが、紙詰まりが発生し、再スタートの作業に手間取る。結局、スキャン中は”立ち会い”が必要」。

(「キンコーズ」の裁断サービスは、250枚までなら1回105円で背落とししてくれるそうです。)

でも、こんな手間をかけて自炊しても、パソコン上で読みたい・保存したいというニーズがあるわけですよね。

語学のテキストなんかは、電子データにしておけば、iPadで音声を聞きながらいつでもどこでも学習できて便利なんだそうです。


どうも「本の自炊」って言葉には違和感があるけれど、そして、本格的にやるのはめんどくさいけれど、雑誌の中で気に入った記事やコラムを自炊して、持ち歩くのはいいかなぁと思いました。



私はまだ電子書籍未体験です。仕事上、たくさんの本をナナメ読みすることがけっこうあるので、そういうときは電子書籍が便利だろうなーと思ったり。本の置き場所にも困るんですよね。いったん終わっても、また必要になるかも・・・と思って、なかなか捨てられない。

紙で持っておく本と、データで持っておく本。
使い分けたらいちばんスマートなんでしょうね。


もうちょっと研究してみようと思います。