こんにちは。さむコピ小川です。

先週土曜日、大人の国高祭というすごい同窓会がありました。
国高とは、都立国立高校のことです。国立市にあります。私はここの卒業生です。

この同窓会、なにがどうすごいのかって言うと・・・


・新聞広告を出した
・テレビCMもやった
・700名定員のところ、1700名以上の応募があった



都立高校の同窓会を告知するのに、マスメディアを使っちゃってます(汗)。

電通の木下一郎氏やサン・アドの青木美輝氏ら、広告業に携わる卒業生が中心となって、今回、広告での案内を企画したという。


「東京・国立高校 同窓会をテレビと新聞広告で告知!」フィールドプロモーションニュース


この前代未聞の試みは、同校の同窓会関係者によると、同窓会の会長、山田宏氏の「70周年記念の同窓会は一人でも多くの同窓生に参加してもらって、盛大にやりたいね」という何気ない一言がきっかけだったそうだ。


テレビCMで卒業生に同窓会を呼びかけ!? 都立国立高校同窓会が「高校同窓会CM」をテレビ放送 トレンドニュース



テレビCMはこれ。





なんか、国高っぽいなぁ。

そういえば、私のコピーライターデビュー(?)は国高祭(文化祭)だったな。高校2年生のときだったか、国高祭のコピーをつけたんだ。

「天才 凡才 国高祭」っていうコピーでした(笑)。

なつかしい!


今回の国高祭は1000人も抽選にもれてしまったとのことで・・・

参加できた私は超ラッキーですね。


第1部の講演会は、大先輩の政治評論家・三宅久之さんによる「これで日本は大丈夫か?」

さすがの辛口評論。1時間があっという間でした。三宅さんは『これからの「正義」の話をしよう』をすすめていらっしゃいましたね。「私の本もそこに売ってるけど、こっちを買いなさい」。


第2部は、さまざまなジャンルの先輩方によるステージとパーティー。MCは同級生の富川悠太アナ(テレビ朝日)でした。
一緒に撮った写真は自粛しておきます。


こんなステージでした。

伊集院史朗氏のフラメンコ
小島聖史氏のオペラ
大西順子さんのジャズピアノ
俳優 六平直政さんのトークショー
齋藤咲恵さんのヴァイオリン



私は平成7年卒業の、4組(国高は3年間同じクラス)でした。4組の仲間は、富川アナのほかに日経新聞記者のナカジがいて、私と合わせて3人だけ。そのほか、違うクラスの同年代の人たちにも会うことができ、「いま何やってるの!?」と。編集者さんだったり、飲み屋さんだったり、いろいろ。

そして、「あのときああだったよね〜」というおしゃべりできて楽しかった!!

そうそう、私たちのとき、校舎建てかえのためプレハブだったよね。やたらと行事に力入れていたよね。3年生のときは劇の脚本からなにから、自分たちでやったよね・・・。


また同窓会やろう!(普通の)と言って、別れたのでした。