今日も暑かったですね〜。


汗だくになりながら、印刷博物館に行ってきました。

印刷博物館


お目当ては「グラフィックトライアル2011」。
「グラフィックと印刷との結びつきを多様な角度で確かめる」というコンセプトでやっている展示で、今回で6回目だそうです。

2011年は、祖父江慎、佐藤可士和、名久井直子、山本剛久の4名のクリエイターが、「オフセット印刷」のみを用いて、それぞれのグラフィック表現を探っています。

*オフセット印刷とは・・・印刷イメージの「版」を一度ゴムブランケットなどの中間転写体に転写したあと、紙に印刷する印刷技術。



まず「印刷って、こんなに奥が深いのか!」と驚きました。

そして、それぞれのクリエイターの「表現への探求心」に感銘を受けました。


祖父江慎さんのテーマは「めざせ、トラブル!」

今の印刷技術は優れているから、トラブルなんてめったに起こらないところを、あえてトラブルを作り出すんです。

フィルムに熱を加えて変形させたり、漂白液と金ダワシでゴシゴシ!なんてやって、絵柄に傷をつけたり。

祖父江さんのトライアル


フィルムの現物が展示してあったんだけど、子供の芸術(?)みたいで面白かったです。


佐藤可士和さんのトライアルは、「基準の明確化」。

デザイナーとして、印刷を依頼するときに「インキを盛ってください」というあいまいな表現しかできない、という問題意識からスタートしています。

重ね塗り、インキの「盛り」、インキのメーカーによる差異、文字サイズの限界など、数値化することにチャレンジしています。

佐藤可士和トライアル


このままポスターになってもかっこいいよね・・・と思ったら、実際ポスターになっていて、すでに完売していたり。(ポスター5種のうち、2種が完売していました)


ブックデザイナー名久井直子さんのトライアルは、「なつかしい質感を探して」。

昔の絵本のような質感を目指して、あえてインキのカスレ、エッジのブレなどをつくっています。
子供のころに遊んだように、厚紙をカッターで切り抜き、それを版にして色をのせる「オフセット・ステンシル」。

いやー、ときめきました。

私もやりたい!!って思いました。

名久井さんトライアル



山本剛久さんのトライアルは「オフセット印刷で木版画に挑戦」。
美しい木版画が並べられていたのですが、オフセット印刷でやっているんです。

山本さんトライアル



どうやって?

木目が出やすい木材を選び、色ごとの版をつくります。5種類の木版画を作成するのに、30版近く彫ったそうです。
その版で刷った原稿で、オフセット印刷をします。

本当の木版画なら、刷るたびに微妙に違うものができますが、オフセット印刷なら同じものが大量にできます。

印刷の要素は、原稿・版・圧力・インキ・紙という5つの要素で成立しているということから、要素になぞらえた動物が版画になっているのも面白かったです。

画像の孔雀は「インキ」にあたります。

原稿=シーラカンス
版=亀
圧力=くらげ
インキ=孔雀
紙=羊




展示を見ていて、なんだかワクワクしてきちゃいました。

学んでみたいです。


*作品画像は、グラフィックトライアルのホームページよりお借りしました。楽しい画像がたくさんあるので、ぜひ覗いてみてください。



「リーダーズリーダーズ」でこの記事をチェック!「リーダーズリーダーズ」でこの記事をチェック!