芸術起業論
芸術起業論
クチコミを見る



刺激的な本を読んでいます。

村上隆の『芸術起業論』。

村上隆さんと言えば、「ポップな作風で海外から評価が高い現代アーティスト」という認識でした。ルイ・ヴィトンとコラボしたり、ルシアン・ペラフィネとコラボもしていて、「面白いなぁ〜」と思っていました。

ルイ・ヴィトン×村上隆


【麻布十番ブラン】 【中古】  ルイ・ヴィトン ポシェットアクセソワール 村上隆 鞄 バッグ 【送料、代引手数料無料】

[訳あり][VIP限定激レア](ルイヴィトン)LOUIS VUITTON モノグラムマルチカラー アイ・ラブ・モノグラム サック・ジギャンティック[Eye dare you]M92056 ノワール[村上隆][2003春夏]【Luxury Brand Selection】


一作品が一億円で落札されたこともあるという村上隆氏は、市場の分析に基づき、しっかり戦略をたてたうえで価値を創造しています。

芸術を志す人でなくても、考えさせられるところがたくさんあると思います。

まず興味深く感じたのは、「芸術作品の価値は、発言で高めるべき」ということ。

アート作品を見せて、価値を勝手に感じ取ってください、という態度では理解してもらえるわけがない、と言うのです。コンセプトをきちんと言語化し、相手にわかるように説明をすることが大切なのです。

海外で評価されるために、村上氏は翻訳者の選択に注意をはらっています。

展覧会の英語カタログは、5〜6人の翻訳者で、5〜10回の推敲を重ねて作り上げるそうです。


ちゃんと伝えたいことがあるのならば、そのぐらいの時間や手間をかけなければなりません。
ピーター・ドラッカーの経営論に唸る。
ハリー・ポッターの物語に、夢中になる。
どちらも変な日本語の文なら感動も薄れます。
文章に気を配るのは最低限のマナーなのですが、アートの現場はそれ以前のレベルだったのです。
海外に挑戦する日本人アーティストが今までうまくいかない原因の一つはそういうちょっと気をつかえばわかるところにあるんです。



アートは目で見て感じるものかというと、そうではありません。

少なくとも欧米のアート愛好者たちにとっては。

村上氏の作品を一億円で落札するのはなぜかと言うと、作品にある「観念」や「概念」に価値を感じるからであって、村上氏はそれを言葉にして伝え続けてきたわけです。





ヒットは、コミュニケーションの最大化に成功した結果だ、とも言っています。


村上氏は、
業界の構造を分析し、顧客について考え、自分の顔を売り、価値を伝えるための言葉に気を遣い、制作をマネジメントし、
成功しているのです。



観念や概念(コンセプト)を伝えること、その文章に気を遣うこと・・・。


これはあらゆる分野に共通して大切なことなのではないでしょうか。


とくに「アート」は言葉が要らないものなのではないかという浅はかな考えを持っていたので、とても刺激を受けました。アートに触れるときの視点も増やしてもらった気がします。




「リーダーズリーダーズ」でこの記事をチェック!「リーダーズリーダーズ」でこの記事をチェック!