“想い”と“頭脳”で稼ぐ 社会起業・実戦ガイド 「20円」で世界をつなぐ仕事
“想い”と“頭脳”で稼ぐ 社会起業・実戦ガイド 「20円」で世界をつなぐ仕事
クチコミを見る


マッキンゼーの戦略コンサルタント、松竹株式会社での事業開発を経て、社会起業家となった小暮真久さん。

NPO法人TABLE FOR TWO International(=TFT)の代表をしています。

20円は、アフリカの子どもたちが食べる給食一食分。

TFTがやっている事業は、社員食堂を持つ企業や団体と提携して、通常より低カロリーで栄養バランスのとれた特別メニューを提供し、そのメニューに上乗せさせた20円をアフリカの子どもたちへの寄付金にする、というものです。

食糧が余っている先進国では、メタボが問題になっており、食糧が足りない開発途上国との不均衡を解消するしくみとして、はじまりました。

本書を読んで、「しくみ」の重要性を感じました。


「社会の役に立ちたい」「世界に貢献できることを見つけたい」
そう思う人はたくさんいるでしょうが、どうしたらいいかわからなかったり、日常に追われているうちに忘れてしまったりします。

でも、しくみがあれば、変わります。
ヘルシーメニューを食べて、アフリカの子どもに給食を届けられる。
なんてすごいんでしょうか。


「社会起業家」という言葉がよく聞かれるようになりましたが、まだまだ誤解があるようです。
清貧の暮らしを強いられるとか、既にビジネスで成功した人がやるものだとか。

日本では社会事業は歴史が浅く、誤解をたくさん受ける中で、きちんと「ビジネス」にしていくために小暮さんも相当苦労してきました。

「自分たちの主義や主張を声高に語るばかりで、ビジネスの常識を持ち合わせていない」と見られることがよくあるそうです。

でも、小暮さんはコンサルタント時代のフレームワークを使った戦略思考を活かしたり、しくみや組織を考えたり、ふつうの会社を経営するのと同じようにやっています。

そして、今とても幸せに仕事をしているのです。本当にやりたかったことだからです。
決してラクな道のりではないけれど、探し求めていた感動がある、本当にこの仕事をやってよかったと心の底から思うそうです。



あとがきがすごくいいです。


この社会には、人が喜んで、いいことをしたくなるしくみがまだまだ不足しています。だから、社会起業にはやることがいっぱいあるのです。なにしろそこら中が手つかずのフロンティアなのですから、新しいことを考えるのが得意な人や、クリエイティビティに自信のある人にとって、これほどエキサイティングで楽しい業界は他にないでしょう。

社会起業の面白さは他にもあります。
それは「自分の考えたしくみで社会を変えられる」ということです。
この世界はあまりに不完全なので、いたるところに歪みや偏りがあり、そういうところではいろいろな問題が発生しています。しかし、僕は解決できない問題はない、と信じています。歪みや偏りの原因を探り当て、そこを修正すればいいのです。





私は最近、世界にできることは何だろうとよく考えています。

私にも何かできることがあるんじゃないだろうか。

まだモヤモヤしているけれど、少しずつ、アイデアを書き溜めてみているところです。


小暮真久さんのブログ:TABLE FOR TWO代表のブログ



「リーダーズリーダーズ」でこの記事をチェック!「リーダーズリーダーズ」でこの記事をチェック!


人気ブログランキングへ