リトルプレス『イカスヒトJapan』創刊号、印刷しているところです。


*リトルプレスとは・・・企画・制作・流通をすべて自分たちでやるインディーズの出版物です。


最初は、会社の最新型コピー機で印刷しようと思っていた(←このために最新型入れちゃったんだよね。。)のですが、ある程度の部数を刷るならオフセット印刷のほうが安くなること、「印刷屋さんでやったほうが仕上がりがきれいだよ!」というメンバーの声により、お願いすることにしました。

リトルプレスの印刷もよくやっているグラフィックです。

印刷データはアドビのInDesignで私がつくりました。
このデータを入稿するのが、意外と大変。
なにぶん初めてなもので、入稿の仕方がよくわからず・・・。

グラフィックのサイトやInDesignのテキストとにらめっこしながら、なんとか入稿。

夜中2時半頃にデータ入稿したら、なんと3時にグラフィックから問い合わせメールが!

ほんとに24時間なんですね。

そんなわけですぐに不備が見つかり、再入稿。助かります。


色のチェックをするため、「簡易色校正」を頼んだのですが、これも勝手がわからないので全ページお願いしました。全ページチェックしないと不安で。

リトルプレスの多くは、表紙だけとか気になるページだけ色校正するようです。


この色校正にもお金がかかります。

2万ちょっとかかる予定だったのですが、グラフィックさんから電話があり、
「もう少し安くなる方法がわかったので、そちらに変更していいですか?」

簡易色校正用の紙のサイズを変更して枚数を減らせば、安くなるとのこと。

「ぜひお願いします!」
ということで、本日届きました。

A1サイズ(?)の紙が2枚。

0828press


オフィスのテーブルに広げてチェックしました。
よかったー、問題なさそうです。

0828ress2


1枚に16ページ分あって、合計32ページです。

「面付け」ってこうなっているんだ〜と感心しながら見てしまいました。



いよいよ、かたちになってきました!


創刊記念イベントは10月4日(木)19:00〜 新宿ネイキッドロフトにて行います☆
詳しくはこちら