Eテレでやっていた、「マイケル・サンデル 5千人の白熱教室」を見ました。
0103マイケル・サンデル


東京国際フォーラムで行った特別講義の模様を前後編に分けて、1月2日・3日に放送したものです。

前編は「すべてをお金で買えるのか」。市場原理が介入すべきではないものもあるのではないか?という話。5千人もが集まって、しかも日本で「ハーバード白熱教室」をやるのだから、かなり難しいのでは・・・という懸念をふっとばす素晴らしい議論でした。

民主主義を問い直す際の、肩ならし的な(かつ深くて面白い)テーマだったのだと思う。いきなり後編のテーマである「これからの日本」の話をするのは難しいから。

私も、前編は冷静に、純粋に議論を楽しむことができました。

後編は「これからの日本の話をしよう」。
原発再稼働を認めるか?電気料金値上げを認めるか?震災は避けられたか?
正面切って、5千人で議論するのだからすごい。
さまざまな意見が出る中で、前編のときとは違って感情が高ぶり、あまり冷静でいられない自分を感じます。
「ちょっと、それ本気で言ってるのー?」みたいな。汗

しかし、さすがサンデル教授。すべての意見に感謝の意を述べ、視点を提供したこと、論点が浮き彫りになったこと、議論が発展したことを評価していました。

最後の質問の「震災は避けられたと思うか」に対するやりとりが私としては面白かった。

会場の全員が「避けられなかった」なら白を「避けられた(人災であった)」なら赤の札を挙げるというシステムで参加します。

大多数が赤、つまり「避けられた」という意見でした。

少数派の「避けられた」側として発言したアキコは、「人のせいにしたくないから、『避けられなかった』を選んだ」と言いました。国や東電のせいにするのはラクだが、それでは何も変わらない、今回の主題となる「民主主義」に到達できない、と。

最後に発言したマサツグ(40歳)の意見は「避けられた」。しかし、アキコと同意見だと言います。

-------------------------------------

災害そのものは避けられない。けれど、その後の被害拡大は避けられたはずだ。国の管理体制や東電の問題は、「国が悪い、東電が悪い」ということではなく、僕らが声をあげて変えていくことができる。
実際には難しいし、諦めてしまっているところがあるだろう。しかし、手段はあるのだ。

身の回りのことを考えてみると、以前に比べ、ブログやフェイスブックなどで自分の意見を言う人が増えた。
小さな声かもしれないが、積み重なればムーブメントになる。
さきほどの質問「政府とブログ・ツイッターのどちらを信頼するか」では、ツイッター・ブログを信頼するという人が半数いた。マスメディアからの情報を受け取っていただけの状態から、自ら情報をとりにいったり、発言するようになっているというのは大きな変化なのだ。

-------------------------------------

だいたいこんな話をしました。

その中で彼は「中東での話もありますし・・・」と言ったので、サンデル教授はそれを拾って、
「アラブの春ならぬ、日本の春ということかな?」と聞きました。

それに対する答えがよかった。

「春・・・まではいっていないと思うので、小春日和くらい。」

笑いが起きました。


サンデル教授はこの「小春日和」を使いながら、まとめます。

声をあげ、何かを変えようとする意識を持った人が増えているとするなら、これは日本の民主主義にとって新たな始まり、新たなきっかけになるのではないか。日本の春と呼ぶにはまだ早くて、小春日和かもしれない。私はこのことに希望を感じている、と。




日本の小春日和って、いい表現だなぁ。

マサツグに拍手。

新しい季節への希望を感じながら、番組を見終えてブログに書き記した次第です。



こんな白熱教室をやりたいと思って、1月17日は「イカスヒト無駄会議〜これからの無駄の話をしよう〜」を開催します。トークライブハウス、新宿ネイキッドロフトにて。

はい、「これからの無駄の話をしよう」というサブタイトルははサンデル教授へのオマージュ(?)です。

チケット予約受付中です。ぜひ参戦してください〜。

詳しくはこちらです。

1月17日トークライブ「イカスヒト無駄会議」やりますよー