タイトルを「本を一冊書き上げる技術」ではなく、「kindle本を一冊書き上げる技術」にしているのは、
kindle個人出版本の書き方は普通の本とちょっと違う部分があるからです。

前提として、kindle本と紙の本の違いを確認しておきたいと思います
まず、分量。

通常、一冊の本にするには文字数にして7万から10万字ほど必要になります。

このくらいの文字量で、200ページ前後の本になります。

多すぎると削ることになるし、足りなければなんとかして書き足さねばなりません。
(どっちも苦労します。。)

一方、kindle本は自由です。分量に制限はありません。数ページしかなくても、1000ページあってもOKです

ただ、多くの人がスマホで隙間時間に読んでいることを考えると、紙の本ほどボリュームがあるのは読者にやさしくありません。

私もたくさん読んでみて、紙の本の電子書籍版や、そのくらいのボリュームがあるものはけっこう疲れるなぁと感じました(数日に分けて読めばいいのですが)。

kindle本で多いのは1万字から3万字程度のものです。

ぱっと読めるものが好まれます。

紙の本の3分の1とか4分の1くらいのイメージですね。

私のkindle本で言うと、『ライターはいくら稼げるのか?』/a>が約3万字、
『プロフィール作成術』が約4万字。

『プロフィール作成術』はちょっとボリューム多いなと思ったのですが、必要だったのでこの量になりました。

仮に、kindle本に必要な分量を2万字としておきましょう。

これはかなりハードルが下がります。
コンパクトに伝えるというのは、本来技術がいるものではあるのですが、長い文章の「論理を通す」という重労働に比べると、まだ気楽さがあります。

取り組みやすいです。

文章もカジュアルな感じで受け入れられます。
いわばブログやメルマガの延長的な文章でもいいのです。
(紙の本でもブログ的なカジュアルな文章はよく見られますね)

ただし。
分量が3分の1だからといって、労力が3分の1にはなりません。

編集者がいない

という、ものすごく大きなファクターがあるのです。

編集者がいたらやってくれることを、全部自分でやらなければいけません。

・適度に小見出しを入れる
・改行、適度な余白、太字など見た目を整える
・誤字脱字チェック、表記の統一、引用のチェック(校正・校閲)
・必要があれば図版作成


こういった、本としての体裁を整える作業は実はけっこう労力がかかります。

また、編集者がいないデメリットはもっと根本的なところにもあって、

・読者代表として厳しく意見を言ってくれる人がいない
・売れる切り口の指導をしてくれる人がいない
・タイトルやデザインを考えてくれる人がいない


のです。

ざっくり言えば、
kindle本はかなり取り組みやすいけれど、編集者の役割もこなすことが必要、
ということです。

これを前提に、進めていきたいと思います。

つづく。



<絶賛発売中〜>