IMG_3745

酸化銅を分解したい!

10円玉ピカピカ実験。


長男は、アトモンカードゲームが大好きで、分子とか化合物にやたらと興味があります。

*息子を化学好きにしたアトモンカードゲームとは?
タンキューが提供している、化学を学べるカードゲーム。原子、分子がキャラクターになっており、原子を集めて分子を作り得点を競う。






*酸化銅はグリーンの拡張パックに入っています!!!


それで、今日はカードをめくりながら、原子や分子が家にあれば得点できるというゲームを考えだし、やっていました。

酸化銅は、かなり高得点です。
(点数は質量に結びついています)

家に酸化銅あるかな?

あるある、汚れた10円玉だよ!

やったー!! 高得点ゲットー!

と大喜びしたあと、では酸化銅を分解して10円玉をきれいにするやつやっちゃう?ということで。
(以前やったことのある実験)

冷蔵庫の中でフニャフニャになっていたレモンを使い、汚れた10円玉をレモン汁につけました。
FullSizeRender


IMG_3741


(汚れた50円玉もつけてみました。50円玉、100円玉は銅75%、ニッケル25%です。10円玉は銅とスズと亜鉛でできていますが、ほぼ銅です)

10分後くらいにふくと、ピカピカに!

FullSizeRender


これは、

CuO+2(CH3COOH)→Cu(CH3COO)2+H2O


という化学式で表されます。

銅と酸素が結びついてできたサビ、酸化銅を酢酸が溶かしています。

これもすぐにできて、面白い実験ですね。

ただ、どうしても落ちない汚れもあり・・・。これは酸化汚れではないのでしょう。また調べてチャレンジしてみます。



過去の20以上ある実験あそびのまとめはこちら

難しいこと抜き!おうちでできる実験あそびまとめ



公式LINE「絵本講師 小川晶子」お友達追加してね♪
「子どものIQアップのために親ができること」PDFレポートプレゼント中!絵本に関する情報、講座情報もお送りします♪ 1対1でメッセージのやりとりもできます。
友だち追加